夏塩沢に惹かれているところなのですが、

着物、和服43閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさま大変参考になるアドバイスをくださり ありがとうございました! 単純に暑さと汗のお手入れのことばかり やんわりと考えていましたが、 汗がそもそも着物を縮ませてしまうことや、 梅雨の時に実際着ようと思うかなど、 リアルにイメージすることができました。 なかなか難しそうではありますが クリーニング代もやりくりしながら できるだけ挑戦してみたいと思います!

お礼日時:2/28 23:27

その他の回答(2件)

0

私は着物では洋服ほどには汗をかきません。 汗取りの下着もつけますし、襦袢が汗を吸うということはないですね。 日傘をさせば意外と暑さに負けるということもありません。 ただ、それでも盛夏は麻と絹芭蕉までです。 綿も、あまり着たくありません。 夏の絹物は、先の回答者様同様に盛夏を外しています。 カジュアル向けの着物限定ですが、 5月から単衣、 6月中旬から透け感の少ない夏織物、 梅雨明け頃から麻か絹芭蕉、 9月に入って中旬まで再び透け感の少ない夏織物、 9下旬から10月前半まで単衣、というのが、だいたい私のサイクルです。 あと夏物は、夏が終われば必ず汗取りをお願いしています。 水を使わないと汗は取れないそうです。

盛夏に絹芭蕉を着ていらっしゃるとのことですが、襦袢まで汗を吸うほどではなければ夏終わりの汗とりのクリーニングで大丈夫なのですね。地域や体質にも寄るとは思いますがとても参考になりました!

0

夏塩澤、夏大島、夏結城、明石。 何れも真夏前のほんの一時期です。 私は、 汗をかかない対質(慣れた)ですので、 以外と大丈夫ですはがそれでも気を使います。