回答受付が終了しました

いわゆる「税で食っている公僕」こと【公務員】なのですが、 まさに国民が納めている血税により生活をしている自覚が

補足

【公務員】は「全体の奉仕者」として公共サービスの義務を負い 果たして税金で食っているという事を自覚しているのでしょうかね、 現役の方やこれから「公僕」希望の皆さんはどう思いますでしょうか?

労働問題、働き方 | 公務員試験30閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

回答(1件)

0

別に奉仕者の自覚なんて持つ必要ないでしょ。笑 普通に働いて、給料貰っているだけ。税金だろうが何だろうが、その本質は変わらんでしょ。 公務員が民間化され、営利目的となったら、全てのサービスが有料となり、結果的に国民の支出は増えるでしょうね。 公務員や税金のあり方ってそういうものだと割り切ってますし、公務員の方がいないと困りますからねぇ。

そうですか・・・なるほど、個人的な思い込みなのですが、 公務員は全体の奉仕者として公的サービス提供の義務を負い 税で食っている自覚と責任は必要な職業という認識なのですが、 貴殿は【税金】LOVEですか!?・・・私はNOサンキュ~♪です。