ID非公開

2021/2/22 12:46

66回答

中国本土の本場のチャーハンが日本人には合わないことが多い(美味しくないと思う人が多い)のは何故ですか?

料理、食材 | 海外22閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(5件)

2

日本の街中華の方が油が多いと感じます。 まあ店によるのでしょうが。 中国のチャーハンは主食で、おかずも注文するケースが多いです。 旨味調味料は嫌われるので殆ど入ってません。 これは中国のポテトチップスも同じ。日本人が食べると味気なく感じます。 日本のチャーハンは旨味調味料入り、具材も多め。 一つの料理(食事)として成立してます。 その差かと思います。

2人がナイス!しています

0

濃すぎるとか、油が多いかもしれませんね。 オジサンも冷凍食品より、炊飯器で炊いた「ちゃーはん」のほうが美味しく。さらに言えば、何も入れていない白いのを本能が求めますね。

1

日本人は香りや癖のないあっさりした大豆油などを好むのに対して 中国では動物性の物や香りの強い油を好む傾向にある事と中国の 下水油の使いまわしの問題で日本人の口には合わない物が多い様だね。 またちゃんとした油でも台湾料理で使う黒ゴマ油や落花生油は癖が あり過ぎてあまり美味しく感じない人が多いね…俺ㇻもあれはダメだ…

1人がナイス!しています

1

お米と油の味がよくない時がある。油は多すぎることもあります。 でも今まで中国のチャーハン嫌って言う人に遭ったことがないです。 他は苦手だけどチャーハンは安全牌って感じで。

1人がナイス!しています

1

日本人は化学調味料を沢山使った料理に慣れてしまい、素材本来の味を忘れてしまっているから。

1人がナイス!しています