徳川家康は太ってるイメージがありますが、どうする家康で松本潤さんは特に役作りはしませんよね?

日本史 | ドラマ72閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!

お礼日時:3/8 1:04

その他の回答(7件)

0

苦虫を潰した様な肖像画は痩せてますし、駿府で顎髭を蓄えた肖像画は華奢で可愛い感じのおじいちゃんです。

0

松潤がどうのジャニーズがどうのではなく、いままでの歴代大河ドラマで、徳川家康が太っていた例はほとんどないです。 そのものズバリ「徳川家康」の滝田栄も、「葵徳川三代」の津川雅彦も、「秀吉」の西村雅彦も、「軍師官兵衛」の寺尾聡も、「真田丸」の内田聖陽も、「おんな城主直虎」の阿部サダヲも、「麒麟が来る」の風間俊介も、徳川家康は、主役のときも脇役のときも、(比較的丸顔だったことはあるけど)デブに描かれたことは一度もありません。 だいたい「徳川家康は太っている」というイメージは、年をとって天下を取っちゃったあとの肖像画の印象であって、若い時から太っていたわけではありません。あの絵は「天下を治めるようになってから福福しくなった」というような補正が入っていることが考えられます。昔の価値観は、長者は貫禄がいいもの、なんでしょう。

0

家康といえば50過ぎたあたりから側室に10代の娘ばかり揃え出しましたね。若い頃は子供作る必要があるから経産婦の後家ばかり狙ってましたが、年取って本来の趣味に目覚めたんでしょう。 晩年近くの一番若い側室は12歳です。 若い娘と寝れば寿命が延びるという俗信を信じたからですが… マツジュンがどういう趣味があるのか判りませんが、役作りしてほしくないですね。

0

家康も若い時の肖像画は太ってはいません。後年の年がいった家康のイメージが多いですが 若い時は違うようです。