ID非公開

2021/2/22 14:21

1616回答

零戦が大戦後半(52型の生産が始まった頃)には陳腐化して劣勢になったのに比べて零戦よりひと世代古いスピットファイアやBf109が大戦末期まで一戦級の戦闘機として使えたのは何故でしょうか?どちらも零戦と同じよう

ミリタリー110閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(15件)

1

ゼロ戦は、初期量産型の21型がほほ完成形、到達点だからです。 運動性重視だから、エンジンの出力が上がるだけではバランスがとれません。烈風みたいにバカでかくしなきゃならなくなります。 一撃離脱戦法のメッサーなら、エンジン出力増加は即アドバンテージ優位につながったでしょうけれど。

1人がナイス!しています

0

スピットファイアやP‐51ムスタング、Bf109など、各国の高性能機の高い発動機出力に起因する空戦性能の高さ、高高度での機動性の水準の高さからです。 零戦は発動機性能の世界水準からの脱落、そもそも開発段階で海軍要求案を名目上満たすだけの機体設計で、基準が用意された発動機の出力不足ありきで逆算したため、軽量で低い防弾性能であることから、本来短命であるはずの機体が初戦からの相次ぐ華々しい勝利にあぐらをかき、小改良でお茶を濁したため新型機の開発が遅れた結果。 いまの空自でも言えることですが、機体の性能差を熟練したパイロットの卓越した操縦能力がカバーしてきたことも一因と言えます。

0

全ては、エンジン性能です、、 スピットファイアもBF109も零戦の同時期には1200馬力でスタートしています。零戦は最初870馬力です。そのためにとにかく軽量化を図って拡大や改良に余裕がありません。 そのために翼端を短くした零戦32型が登場しますが1180(事実上980)馬力では出力不足で高速型は実現出来づに失敗して、主翼を戻した22型になり結局52型でも1180馬力まででしかも工業力が低く爆撃などで生産が劣悪でほとんどが所定の性能が出せないのが現状です。古い21型が与えられた新人の方が故障が少なく撃墜率が高かったのも事実です。 スピットファイアのRRマーリンエンジンは最終2000馬力まで及び、Bf109は日本では作れなかった同じDBエンジンで2000馬力まで到達します。ですか機体はスピットファイアのほうが余裕があり。終戦まで君臨しています。 全ては貧乏と工業力の低さに負けたのです。

1

むしろ陳腐化していたのは航続距離の短いスピットファイアと言えます。航続距離の長い零戦52型の方が活躍していました。 航続距離の短いスピットファイアは、ドイツを爆撃するB-17やB-24の護衛ができず、護衛戦闘機の任務は航続距離の長いP-47やP-51に譲り、一方でノルマンディー上陸作戦の地上戦の支援には、爆弾搭載量の多いタイフーンやテンペストの方が活躍しました。 オーストラリア空軍に配備されたスピットファイアMk.VCは零戦に完敗し、またビルマのスピットファイアMk.Ⅸでも、隼三型や疾風と互角というくらいでした。 また艦上戦闘機化されたシーファイアも非常に中途半端な性能で、特に航続距離が短いため、イギリス海軍ではコルセアやヘルキャットでした。 大戦後半のスピットファイアは、極言すれば別になくてもよかった戦闘機で、後継であるタイフーンやテンペストの故障や欠陥が多すぎた、あるいは高高度性能が低すぎたために、仕方がなく生産と改良が続けられたのです。 しかしイギリス空軍もムスタングやサンダーボルトを装備していたので、高高度戦闘機としても、別にそっちで十分でした。ビルマでもむしろ航続距離の長いサンダーボルトの方がスピットファイアより有利でした。 イギリス海軍の方はさっさとシーファイアに見切りをつけてコルセアやヘルキャットを主力にしました。 またBf109Gの生産が続けられたのも、Fw190Aの高高度性能が低いのと、生産が遅延したのと、Ju87スツーカが弱すぎてFw190Fを爆撃機にするようになったためで、全部仕方がなくでした。 本来はBf109はすぐに生産を中止して、Fw190に全面的に切り替える準備であり、またメッサーシュミットでも、P-39のような前輪式のMe309を試作していましたが、それも開発を失敗したために、仕方なくBf109Gの生産が継続されたのです。 Fw190Aは高高度性能が低すぎて、高高度性能のいいP-47やP-51に高高度では全く太刀打ちできず、しばらくBf109Gの代わりはなかったのです。 Me262は総統の命令で爆撃機として使われていました。 一方でFw190Dが出てくるころにはMe262を戦闘機として使うことになりました。 いずれにしても、大戦後半のBf109Gはすでに二線級扱いで、爆撃機迎撃の主力はFw190A、アルデンヌの戦いではFw190Dに切り替わっていて、ロシアでも北部の主力はFw190Aであり、ハルトマンにBf109Gが渡されたのは、南部ロシアがすでに二線級の戦場扱いであったからです。 Fw190A/Dが足りないとこにBf109Gを回すとようなあんばいで、全く主力扱いではありませんでした。 フィンランド空軍やハンガリー空軍などが、Fw190Aでなく、Bf109Gを供与されたのは、二線級だからです。

1人がナイス!しています

0

Bf109も陳腐化してます。 後継開発に失敗したのと。 航続距離を考えずにエンジンを大型化したこと。 Fw190Aの髙高度性能が低かったから、長々使っただけです。 スピットファイアは、アメリカ製の髙グレード燃料を使い、希少金属の入手も容易だったので、エンジンをひたすら強化出来ています。 ただ、こちらも、タイフーンやテンペストが汎用的と言い難いことで長々使っています。 ただ、スピットファイアの場合、主翼がやや後進的で、スパイトフルまで含めると改設計の余地はありました。