ここから本文です

F1でタイヤの使いかたが巧いドライバーは?

ymwk2002さん

2009/3/815:32:03

F1でタイヤの使いかたが巧いドライバーは?

’97以来のスリックタイヤ復活がキモになりそうな今シーズンのF1ですが、ドライバーからはタイヤのグリップ増は嬉しい事だと思いますが、だからといってタイヤをお粗末に使うことはレースリザルトに大きな影響を及ぼすと思います。

過去にはA・プロストなどタイヤマネージメントが大変上手なドライバーがいましたが、今シーズン参戦のドライバーでタイヤの使いかたマネージメントが巧いドライバーは誰だと思いますか?

閲覧数:
2,629
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2009/3/910:31:54

キミ・ライコネン。あの人はタイヤマネジメントが上手いから終盤にでもファステストが出せるんでしょう。派手なドライビングに見えますが上手さも兼ね備えてると思います。

J・バトン。スムーズでタイヤ&マシン(エンジン)にも優しいドライビングな印象があります。ドライビングにもクセが無い印象です。

この2名はタイヤがうんぬんでレースを失ったうんぬんという記憶が頭に無いですね。

質問した人からのコメント

2009/3/15 15:30:28

驚く みなさんありがとうございました。

ライコネンですかぁ・・・gcommunitytakaさんの仰るように、終盤でもファステストが出せるのも速さの中にも繊細さがあるライコネンならではのドライビングなんでしょうね。

ライコネンのタイヤに関するアクシデントは2005年ニュルブルクリンクの残り10周あたりから右前にフラットスポットからサスペンションの破損くらいしか思い当たりませんね。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2009/3/1421:51:36

やはり、ライコネンかと。
去年のトルコGPとかの映像で右フロントタイヤの白ラインの消え方があきらかにマッサより少なかったですし。
でも、それはタイヤにやさしいというわけであって、タイヤの温度を調整して適温にするという意味では、マッサなのかもしれませんが・・・・。

dadgad1977さん

2009/3/912:54:54

タイヤマネジメントだけなら、一番はライコネンでしょうか。
それを活かして結果に結びつけるのなら、アロンソが一番。

ここ数年で、ライコネンとアロンソはどちらもアラン・プロストに似てきましたね。

aojyakuさん

2009/3/907:48:10

雑誌の記事でブリヂストンの浜島さんは、アロンソが巧いとおっしゃってました。
アロンソは、タイヤ交換禁止の05年でもチャンピオンを獲得しましたしね。

関係ないですが逆に、ハミルトンは一昨年のトルコや中国のようにあまり巧くないと思います。
皆さん分かってると思いますが…

2009/3/823:57:35

ハイドフェルドですね タイヤに優しい走り方をしてます

exclusivem8さん

2009/3/816:02:51

F・アロンソです。

アロンソはレース戦略やドライビングスタイルも含めてかなりA・プロストに似ています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。