放射線の危険度はマイクロシーベルトだけで決まりますか?

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

違います。アルファ線なら紙一枚で防げるので、Svが高くてもまぁまぁ大丈夫です。ベータ線は薄い金属くらいで防げます。ガンマ線・中性子線は。厚い金属・鉛・水(5mくらい)ないと防げません。

0

エックス線ガンマ線は、その発生機構の違いによるもので波長もオーバーラップしていますから、同じ波長で同じ強度なら人体への影響は変わりません。 そして、電離放射線にはα線、β線、中性子線、中性子線、エックス線、γ線等がありますが、ご存知の通り、それぞれ飛程も違うため、同じ値でも人体に与える影響は異なります。

1

ご指摘のように生体が受ける放射線の影響は、受けた放射線の種類と対象組織によって異なるので、吸収線量値(グレイ)に、放射線の種類ないし対象組織ごとに定められた修正係数を乗じて線量当量(シーベルト)を算出しているので、一応は放射線の種類とその影響度のことは考慮されています。逆に言えば物理的な単位ではなく生体換算的なアバウトな量です。

1人がナイス!しています

1

そうです。シーベルトは生物にどれくらい影響するかを数値化したものですから。

1人がナイス!しています