北海道の鮭を咥えた木彫り熊の民芸品、ルーツはスイスにあるとの事ですが、現在もスイスで木彫りの熊は売られているのでしょうか。また新品を売っているサイトがあれば教えてください。

補足

鮭は北海道の例として書いたのでスイスの木彫りでは必要ないです。よろしくお願いいたします。

工芸 | 観光38閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0
画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

とても自分ではたどり着けないところまで情報をいただき感謝です。ありがとうございました。

お礼日時:3/3 1:01

その他の回答(4件)

0

ルーツがスイスかどうかは存じませんが北海道の手彫り熊はアイヌの方々によるものではなく大変意外なのですが維新以降北海道に入植した尾張藩士族達がつくったものがルーツです。 以前はどこのお家でも玄関に飾ってあったのですがいまではいつの間にか見なくなってしまいましたね。 新品ではありませんがリサイクルショップで見かけるようになりました。

0

売ってましたよ。 チューリッヒ空港のお土産屋で。 サイトは知りません。 北海道のアイヌの手彫り熊はインチキですからね。 彼らにそんな文化も技術もありませんから。 本物のアイヌから直接聞いてます。 なお、アイヌ踊りも戦後作ったと言ってました。

画像
0

スイスは海が無いので鮭は見ないと思います。米国、カナダか欧州にあるとすればノルウェーでは。

補足) そうですね、スイスにあるとしたら鮭を捕捉したものではなく熊単体でしょう。または餌を獲得した姿を表現したものがあるとすればそれは鮭ではなく何らかの陸上の小動物が木の実などの植物系統のものでは。