宝塚のお芝居をみて、最後の終わり方がびみょう~~面白くなかったものって何を思い出しますか? 昨日の星組公演の眩耀の谷を見たんですが

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

う~ん 別に無闇な殺生が好きというのではないのですが せっかくの大劇場だし剣劇みたいなのを期待していたので そこはちょっと寂しかったです。 みつるもこれで退団だったし、滅びる描写見たかったです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさま回答ありがとうございます! せめて1本立てで上演していたら みつるも愛も見せ場つくれたんじゃないかなぁ・・・と? 三国志風な3国の話にして。

お礼日時:2/25 17:19

その他の回答(4件)

1

他の方の回答見ていて思い出したのですが、多数派の感想がポカーンだったけど自分には納得いく大団円だったものがあります。 春野さんの落陽のパレルモです。 (以下結末ネタバレします) あれって貴族の庶子の主人公が最後に父親から認知されて、結婚するし議員にもなれるんですけど、なんか「なぜ断らない!」みたいなお怒りの感想が当時そこそこあって。 でも、主人公は一貫して非戦派非暴力改良主義者で、革命家じゃなかったから、人物として納得だしきっと将来内側から国政を変えていくんだろうと、とっても終わり方の良い話だと思ったんです。 母を不幸にしたお父さんなんか認めない!貴族籍要らない!とか言っちゃう青二才の方がみんな嬉しいのかしら? げんようも話の筋としては、悪くないと思います(見せ場の作り方はまた別ですが、最後に戦い持ってきちゃうと兵力的に絶滅エンド不可避なんで~)アテルイとかは結末が史実だから曲げられないし、カッコ良いけど筋としては虐殺される側からしたら不愉快な話ですよね。(大河ドラマの時とか朝廷側は輪をかけて嫌な奴だった)たしかにカリスタの最後もあっさり終わって、なんとなく分かる気がします。 その辺、何故かうまくさわやかに終わった感があるのが追憶のバルセロナとかですかね。(正塚先生ってダメ気味な時も最後だけはなんとなく後味悪くない終わらせ方がうまい気がします)

1人がナイス!しています

1

『愛するには短すぎる』 スカステでたびたび流れるので見ているはずなのに、全然頭に入ってこない。え、あ、終わったんですか?みたいな。 『コインブラ物語』 貴族のお姫様が何もかも捨てて恋人とインドに行くとか、ムリっしょ? 両方とも公平作品という事に、びっくり。

1人がナイス!しています

1

虹のナターシャです 異人たちのルネサンスは好きですね でも確かになんでモナリザ?と思います もっとあのドレスの通りのダヴィンチの絵はあるのに…

画像

1人がナイス!しています

1

朝海ひかる、、春麗の淡き光に 香寿たつき、、ガラスの風景 朝海ひかる、、青い鳥を探して 瀬奈じゅん、、暁のローマ 最後がカッコよくない作品でした。 異人ルネサンスも訳わからんけど

1人がナイス!しています