ID非公開

2021/2/25 4:14

44回答

毒親と暮らしていて、社会と交わるのも怖い。八方塞がりでどう生きていけばいいのかわからない。

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

何が八方塞がりなんだか・・・。 あなたはこれまで何をしました。何にチャレンジしましたか。何にトライしましたか。何をやろうとしましたか。 あなたの文章には親が毒親だということとか,学生時代にいじめられていたということしか書かれていません。大学でもずっといじめられていたのですか? 数年間のニートの間にあなたの生活費はだれが出していたのですか。あなたのご飯は誰が作っているのですか。 あなたは結局,親と周囲のせいにして自分では何もしていないのではないのでしょうか。 毎日散歩でもしてみなさい。町にはたくさんの人がみんなそれぞれいろいろ一生懸命生きています。あなた以上に過酷な環境や境遇を背負っている人もたくさんいます。自分だけが一番不遇で不幸だと思っている人にはしょせん何もできません。自分なんかまだいい方だよな・・というぐらい思わないと,人生には希望は見えません。 散歩しながら歌でも歌いながら町を歩いてみなさい。 自分の声を自分で聞いて楽しんでみなさい。 だれもいない公園のブランコに乗って風を感じてみなさい。 自転車で走ればもっと風が感じられます。 コンビニで冷凍食品でも買って,今日の夕ご飯を少しだけ豪華にしてみなさい。 まずは自分の部屋を掃除してみるとか,自分の下着ぐらい洗って干してみるとかしてみなさい。 日に当たり,風に当たり,部屋から出て広い公園や土手などの広い空間に立ってみなさい。それだけでももうすでに周囲に開放感が感じられます。 八方塞がりなんてありえません。 事業をしている人が仕入れ先にも販売先にも顧客にも取引銀行にも見放されたというのと違い,そもそもあなたになんか誰も興味を払っていないのですから,立ち塞がってもいないのです。 むしろあなたか感じているのはきっと八方塞がりというのではなくて,孤立無援感とか孤独感とかなのではないかと思います。 それは部屋を出て家を出ない限りは解決しません。 ご近所の人とあいさつをする生活や,お店で買い物をしてかわす言葉などから次第にひとは付き合いの幅と深さを広めていくものです。そういうことすらしない人には,孤独感から決別するきっかけがなかなかありません。 まずはいきなり仕事や結婚ではなく,まずは普通に朝起きて三食食べて日中は外にも出るし人とも挨拶をするという普通の生活をしてみることです。 新聞を読んだり,ニュースを見るのもいいでしょう,電車に乗ってみるのもいいでしょう。 自分のことではなく周囲のことにもって関心をもって見てみなさい。 あなたのことしか見ていないからあなたは自分が八方塞がりに見えてしまうのです。

0

親のせいにしてないで一人で生きてかないと。 寮のあるところとかに1年勤めてお金貯めて次のステップ探りなよ。

0

過去の事や理由がどうあれこれからの事考えなきゃいけないのは分かってるよね?短所をどう長所に替える努力や実践をしない事にはずっとこのまま愚痴言う残念な子なままですよ。 いずれは独りなんだからサポートある若いうちに一人立ちしないと歳とれば誰も助けてくれないよ。 大学まで行かせて貰ったわけだから事情はどうあれ毒親なんて言っちゃ駄目だよ。 恐怖は言い逃れに過ぎないですね。 先ずは働く事、寮付きの派遣なんかは入りやすいので利用してみたら?複数の派遣会社あたり職歴はバイトとかしてました。とか病を患い療養してましたとかでも派遣会社によってはアドバイスくれたりしますよ。 過去を振り返ってばかりじゃなく今直ぐにでも始めないと時間だけが過ぎていくだけですよ。状態は悪化の一途を辿り精神的にも更に追い込まれ今の2倍3倍キツイ状況になりますよ。 頑張りましょう。