去年(2020年)4月から施行され現在(2/25)まだ1年経ってませんが、 【会計年度任用職員】なのですけど1年任期にて終了するのですが、

補足

非正規労働者が今後、第一線で活躍している状況を 考えると人件費のかかる正規労働者は徐々に減少し、 正規との溝を埋めるというよりも、正規雇用が縮小 将来的には非正規労働者ばかりの企業等出てくると 皆さんは思いますでしょうか? 因みに・・・ 「ハローワーク」の労働者の割合平均8割が非正規雇用で、 正規雇用が約2割程度、市区役所での受付窓口業務は ほぼ100%非正規公務員・・・もう正規公務員は必要無く 非正規、派遣や民間委託/請負等で回す様になるのでは!?

公務員試験 | 労働問題、働き方144閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ただまだ去年から施行され1年経過(任用期限)しておらず、 未知数の「制度」で既に非正規労働者が全労働の約4割に達し 過半数に迫る勢い、今後【会計年度任用職員】ですが、 任用を原則更新制にするとか、5年継続後正規雇用に転換など あり得なくはないかもしれませんが、この制度はそもそも 非常勤、臨時など各自治体によりその雇用がマチマチだった ものを統一安定化させるのが目的なので改善される可能性は 否定出来ないのではないでしょうかね!? 正規との格差是正はもう非正規労働者なくしては世の中が 回らなくなった現実を考えると行わざるを得ないのでは?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

正規公務員の「社畜」ならぬ「公畜」ですが、 サービス残業や人件費軽減の為、人員削減されたり 今後、安泰とはいい難いかもしれません・・・ 非正規公務員が第一線で既に活躍していますので、 経費が抑えられ、戦力になれば正規雇用の公務員の 居場所が何とも微妙になるでしょうね。 回答ありがとうございました。

お礼日時:3/2 3:02