プロ野球でも、送りバントを確実に決めることろが強いっていうことはありますか?

プロ野球 | 野球全般59閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(6件)

1

バントは相手がして欲しくない時に決めることが出来ればそれだけで十分です。 下位の打者はバントでいい。そんなチームはどうせ下位です。打てない打者を出していること自体選手層が薄いってことでしょ。

1人がナイス!しています

1

バントに限らず 一つ一つのプレーを確実にできることことが強いチームの条件ではないでしょうか? バントばかりじゃつまらないなぁ。 ファンとしてはその辺は好みかな。 まぁまがいなりにプロなんだから打ってチャンスを広げてほしいなぁ

1人がナイス!しています

2

バントが確実に決められるところが強い、のではなく、送りバント一つ確実に決められないようなチームは弱い、ということでしょう。 二つの角度からお答えします。 一つは、「送りバント」はアウトカウント一つをタダで相手に渡す代わりに、走者を一つ進める、という作戦です。アウトカウントを増やすことで、得点期待値(そのイニングに何点取れるか)も、得点確率(1点とれるかどうか)も大きく下がります。2塁にランナーを置くメリットよりも、3つしかないアウトを一つ使うデメリットの方がはるかに大きいからです。少なくとも無死または1死で、ランナー1塁の場合、おおむね1割5分以上の打率がある打者がバッターボックスに立った場合には強攻の方が効率が良い、というのが数学的な常識です。数少ない得点期待値も得点確率も上がるシチュエーションは、無死で2塁にランナーがいるときに、1割台前半の打率しかない打者がバントする、という場合です。それ以外の送りバントは、無駄が大きい、ということです。 もう一つ、それでも送りバントを多用する意味があるとしたら、「他の監督がやらない」作戦をとることです。個人の技能ということで言えば、「送りバントを確実に決める」というのは目標ではなく、プロとして当たり前のことです。「この選手はこれが難なく出来る」という状態でなければ、作戦を立てても意味はありませんし、ベンチの期待するプレーができなければプロとしては失格です。つまり「バントを確実に決めるチームが強い」のではなく、「欲しいところでバントも決められないようなチームは弱い」ということです。監督は選手の力量を見定めて「ここで一本ほしい」とか「ここは確実に送って」などと、各プレーが成功することを前提に作戦を立てます。問題は、相手チームも同じように考える、ということです。つまり、守備の時には、相手の試みを失敗させることを考えます。状況的にバントを使ってくるとわかっていれば、打者によってコースを予測したり、強引に突っ込んだりして「手堅いバント」からゲッツー、ということを考えるかもしれません。「同じ状況でいつも同じ作戦」というのは自殺行為です。取り得るオプションをなるべく増やして、相手を迷わせようと思うのは当たり前のことでしょう。 送りバントは人の心のアヤが生み出したものと言えます。人は作戦を立てるとき、多くの場合、成功したときのメリットの大きさよりも、失敗したときのデメリットの小ささの方を優先しがちです。たとえば、好きな人に告白するときに「成功したあとのバラ色の人生」を想像する人はほとんどいません(告白までは散々妄想していてるのに!)。むしろ「断られたらどうしよう」「気まずくなったらどうしよう」とネガティブなことばかり考えがちです。それと同じで、勝負事で強いのは、「あえてリスクをとれる」人です。「アウト渡しても、ここは確実に走者を進塁させた方が無難」という「弱気」は、相手につけいる隙を与えてしまいます。

2人がナイス!しています

>2塁にランナーを置くメリットよりも、3つしかないアウトを一つ使うデメリットの方がはるかに大きいからです。少なくとも無死または1死で、ランナー1塁の場合、おおむね1割5分以上の打率がある打者がバッターボックスに立った場合には強攻の方が効率が良い、というのが数学的な常識です。 このシミュレーションの内容が欲しいです。

0

バントは一塁にいる打者を2塁に進める、役目ですが。 下手な選手もかなり、居ますよね。 ピッチャーは下手すぎる。 おっしゃる通りですね。 終盤の1点を取る、ノーアウトでヒットの打者を2塁の得点を取りに行く。 満塁だとバントがスクイズとされます。 プロ野球と高校野球では、高校野球は固くバントを使う。 前半だと先制点を奪う。 後半だと点差が開いていたら バントはしないで打ちに行く それも、試合の駆け引きだと、思います。