回答受付が終了しました

ID非公開

2021/2/25 15:58

55回答

失業保険 給付制限中についてこう聞きました。 週20時間以内で週2日間だと給付日数変わりなしで後ろに繰り越しもされない。 週20時間以内なら大丈夫です。 給付期間中に働くと後ろにズレます。 これって合っています

回答(5件)

0

あってますよ,アルバイトした日数は後ろにズレます。 1週間に20時間以内、例を出すと週に2日8時間は派遣の工場で働く1か月にして8日働く、失業手当は45歳以下なら90日なので1か月8日×3か月(90日)=24日! 失業手当は90日+24日で114日支給されますアルバイトした方が得ですよ。

ID非公開

質問者

2021/2/27 22:39

回答ありがとうございました

0

そうですよねえ、、、 週に働いた時間と1日に働いた時間が基準ななるので、 1日に4時間以上働くと就労したという事になり繰越になるか、給付額の3割の就労手当をもらうかどちらかを選択出来ます、 ですので、週20時間以内で週2日間であっても1日の労働時間が4時間を超えれば、繰り越しか手当支給になります。 なので、1日に4時間未満に労働時間を制限される必要があります。

ID非公開

質問者

2021/2/27 17:02

回答ありがとうございます。 給付制限中に本日実働6時間30分働きました。 1日繰り越しの方を選択しようと思います。

0

失業せずに終身正規雇用で勤務もいると思いますよ。 23歳ぐらい新卒正規雇用採用で終身正規雇用勤務で、他人の正規雇用就職を終身排除し続けて、正規雇用採用は23歳ぐらの新卒採用だけ。 どういう企業かわかりますか?。 正規雇用の23歳ぐらいの新卒採用比率が 異常に多い企業なんですかね。 ブラック企業とグルの企業はどういう企業と思いますか。

1

給付制限中は、失業給付を受給していないので、 実際に給付され始めてからが問題です。 要は、就職とみなされるほど働いてしまってはダメ、ということです。 20時間以下、は間違っていて、20時間未満、が正しいです。 なので、厳密にいうと、週20時間勤務して給料もらうと NGになる確率が高いです。 あと、一日の勤務時間で、4時間以上、4時間未満というのがあります。 週20時間未満で、1日4時間以上働いた日は、 給付日数が1日分先送りになります。 同様に、1日4時間未満働いた日は、収入額によって減額されたります。 1日分の基本日額が減額されて支給されますので、 満額支給されるのと比べると、損です。 なので、給付制限中は、週20時間未満で働く。 受給期間中は、週20時間未満、かつ1日4時間以上で働く。 と、一番いいです。 ただ、働きすぎて、「就職扱い」となってしまうと、その時点で支給終了になってしまうので、ご注意を。 (バイト先で雇用保険に加入するとこれになります)

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/2/25 16:54

回答ありがとうございます。 週20時間以内は実働ですよね?

0

給付制限中は、失業給付を受給していないので、 実際に給付され始めてからが問題です。 要は、就職とみなされるほど働いてしまってはダメ、ということです。 20時間以下、は間違っていて、20時間未満、が正しいです。 なので、厳密にいうと、週20時間勤務して給料もらうと NGになる確率が高いです。 あと、一日の勤務時間で、4時間以上、4時間未満というのがあります。 週20時間未満で、1日4時間以上働いた日は、 給付日数が1日分先送りになります。 同様に、1日4時間未満働いた日は、収入額によって減額されたります。 1日分の基本日額が減額されて支給されますので、 満額支給されるのと比べると、損です。 なので、給付制限中は、週20時間未満で働く。 受給期間中は、週20時間未満、かつ1日4時間以上で働く。 と、一番いいです。 ただ、働きすぎて、「あ、これ就職扱いですね」となってしまうと、 その時点で支給終了になってしまうので、ご注意を。 (バイト先で雇用保険に加入とかするとこれになっちゃいます)

ID非公開

質問者

2021/2/25 16:54

回答ありがとうございます✨