【クラシックカメラに詳しい方にご相談】

画像

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(4件)

1

カメラのポイントは、シャッターと絞り、そしてピント。 まずは、この意味を調べてください。わからないと無理です。 どれも楽しいカメラですよ。 僕なんか、ストロボもついていない「FOCUS-35」なんて好きですよ。要は、楽しみ方なんですよ。綺麗に写らないのが良いカメラだとするとイケテますよ。そして、これは壊れても惜しくないという点で評価できる。 「SKILL-MAN」 シャッター単速。 絞り4段階(これが達人の使い方。ISOのレバーを利用した絞りの使い方))。 ピントは固定(2~3m付近のはず。これは被写界深度を利用した撮影方法でパンフォーカスと呼ばれる。検索してください) 型番は違うようですが。 http://minophoto.web.fc2.com/minolook/09_toy/c700.html 「national C-R2」 ・発売: 1980年/昭和55年 ・発売当時の定価:15,910円。 ・レンズ: 無銘レンズ f5.6/24mm(構成不明) ・ピント: 固定焦点(1.5m〜∞、ストロボ時は1.5〜3m) ・露出: 単速シャッター(1/250秒)・2段階絞り(ISO100:f5.6 / ISO400:f11) ・対応フィルム感度: ISO100/400 ・フラッシュ: 内蔵(AMラジオとの併用不可) ・使用電池: 単3電池×2本 ・カメラ装備: AMラジオ&スピーカー搭載、イヤホン接続ジャックあり。 まあ。他のも検索すれば情報は出てくる。 一番使いづらいのはジャスピン・コニカかなあ。 ピントの問題がある。赤外線で距離を測るのだけど、それが壊れている可能性が高いと思う。手動操作ができないのです。 使えれば、日の丸構図(ピントはド真ん中のみ)で撮る。日の丸構図というのは、下手な写真の代名詞に使われることもあるが、真正面から堂々と写すドキュメント写真(報道写真)の一種でもあり、悪いものではない。 このコニカC35シリーズのなかのピッカリ・コニカでダムで沈みゆく村の写真集を出版したばあさんもいるくらいだ。 http://www.izuphoto-museum.jp/exhibition/118680489.html 僕も2台ほど遊んでいた時期がある。まろやかないいレンズです。 カメラの基本を知るには、「AIRES CAMERA 35-IIA」が一番わかりやすい。 裏側からもフタをあけてレンズを覗きながら、シャッタースピードや絞りがどう変化するかじっくり研究する。 ピントはレンジファインダー(これも検索ね)。

1人がナイス!しています

1

アイレス35ⅡAくらいですからね。 面白いカメラは。 露出計も無いカメラですから他の方がご指摘されておられる様に少し練習されて欲しいですね。

1人がナイス!しています

1

これらはクラシックカメラっていうより、ただの中古カメラだね、 「AIRES CAMERA 35-IIA」くらいかな?クラシックカメラって言えんの。 使えるかは物を見ないと分からないね。 ぶっ壊れてても直せるのが「AIRES CAMERA 35-IIA」だが、その修理費でもっと良いカメラが買えるよ。

1人がナイス!しています

3

ほとんど使い物にならない(壊れている・動かない)と思うけど、その中でお金を掛けて修理してでも甦らせて使って欲しいカメラは、右下のシルバーのものです。 ちゃんと修理して使えば、それだけでお客さんが寄ってきます(笑)。

3人がナイス!しています