電解コンデンサの種類による違い

オーディオ | 工学63閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(7件)

0

フィルムコンデンサーは大きな容量はケースに収まらないと思います 10μfなどになったらかなり大きいです 段間コンデンサーなら音質も変わりますが、 その変化が判る機材かどうかは疑問ですね コンデンサー交換してみていろいろ経験することは良いことです。

0

過渡的な特性の違いが、音に影響が出るか という事ですが、電解コンデンサを使用している箇所によって違って来ますので、一概には言えません。 特性が影響する様な箇所に使っていれば影響が出る可能性があります。 ざっくりですが、電源平滑の様な使い方なら影響ないと思います。 増幅回路の様な箇所なら影響があるかもしれないです。

0

通常電解コンデンサーは極性があります。 小型で大容量が特徴です。 そこに付け替えられるサイズで耐電圧がより以上で静電容量が同じならあまり大差はありません。 大差がないとは厳密には差が生じることです。

0

そもそも音質云々を期待するほどの機械じゃ無いから、工作のしやすさで選べば良いかと! ・・・チップ部品の無い時代は、普通の電解コンデンサを使ってたはずだし。

0

やってみなよ。変わらなかったら以下の理由だ。 ・音質に影響しない ・質問者の耳が悪い >電源や制御系よりもアンプなど音に関わる系統 「など」の意味が不明だが、それが分かるスキルがあるならこんな質問はしないと思うけど。 アルミ電解コンデンサと同じ容量のフィルムコンデンサのサイズと価格は分かってる?

この返信は削除されました