回答受付が終了しました

包丁を研ぎたいです 1000番砥石 仕上げの6000番の砥石 面直し砥石 の3つを購入すればいいのでしょうか?

回答(7件)

0

どの程度のクオリティーを求めるかで大きく変わってきます。こだわりはじめるとキリがない世界です^^;、、。 面直しは私は使用せず同じ砥石を3本用意し共擦りしています。面直しは簡単に歪みます。そして歪んだ面直しで砥石が歪みます。面直しとは、、、という状態になります。 面直しの面直しが必要に、、笑笑 なので少なくとも同じ番数の砥石を2本表裏使い共擦りがオススメです。 また番数は1000スタートだと研ぎはじめる包丁の状態によっては時間がかかります。 800スタート2000、5000くらいがオススメです。 研ぐ人により考えもこだわりも違うのであくまで私の意見ですが(^_^;)

1

Amazonの口コミ数がひとつだけ桁違いなのを見てもわかる通り、世間で圧倒的に売れてるのは「刃の黒幕」です オレンジ#1000だけ買っておけばOKです もっと研ぎたくなったらエンジ#5000も買えば良いでしょう もう10年くらい使っていますがまだ面直しをする必要がありません 毎日3食自炊しても家庭の使用程度では砥石が減らないので面直し砥石は当分要らないと思います

1人がナイス!しています

3

まずは、ご質問者様がどこまでの切れ味を求めて居られるか次第でございます。 ステップ1. 例1.シャープナーよりも切れ味良く、良くても購入致しました時の切れ味+αまで(将来的に本格的に研ぎをマスターされたい方の入門) #1000と面直し用砥石 お薦め キングデラックス合成砥石 #1000 207×66×34mm 2,000円前後 SK11の両面ダイヤモンド砥石 #400、#1000 205×65×6mm 3,000円前後 家庭用からプロ用までお使いになられる基本的なサイズの砥石で一番安いと思われます砥石でございまして、この大きさの砥石の全面を使えるようになり、購入時の包丁よりも切れ味が良く研げるようになれば砥石使いの基本がマスターできたと言えるのではないかと存じます。 ダイヤモンド砥石は、研削力が強く砥石が変形することもございませんので、刃こぼれの修正やブレードの刃線の調整には最適なものではないかと存じます。研ぎ卸し(刃先から15mm前後を薄くすること)や刃こぼれ修正に使用致しまして、滑る(目詰まりか粒子の摩耗?)ようになりましたものを面直しに使用致して居ります。 例2.本格的に研ぎをマスターする気はないが家庭で使う上で、ある程度スムーズな切れ味は欲しい スエヒロ 研ぎ器 キッチン両面砥石 #3000/#1000 SKG-24 183×63×27mm 3,000円前後 SK11の両面ダイヤモンド砥石 #400、#1000 205×65×6mm 3,000円前後 この砥石は、例1の砥石よりは一回り小さいのと仕上砥も兼ねた両面砥石でございまして、研ぎの初心者の方には、無理なく使えて(はじめのうちは10~15cmくらいの範囲しか使えないので、普通サイズの砥石はこの大きさの砥石の全面が使えるようになりましてからのほうが経済的ではないかと存じます。)尚且つ仕上砥で刃先をより鋭く研ぐことが可能でございます。 また、セラミック系の砥石でございますので、キンデラよりも研削力が高く硬度の高い包丁も容易に研ぐことが可能となって居ります。 ステップ2 上記のものが使いこなせるようになりましたら、研ぎ卸し、ハマグリ研ぎ(髪の毛1本くらいの研ぎ幅で数段階に角度を変えて刃先をハマグリの貝殻のような形状に研ぐこと(せいぜい0.5mm以内))や小刃付け(0.02~0.2mmほどを角度を付けて研ぐこと)などに挑戦されることをお薦め致します。 必要となります砥石は#6000以上でございます。 私は最終仕上げは#20000で小刃付けを致して居ります。 最後に一応、ご存じかも知れませんが、包丁研ぎの基本は、 1.研ぐ前に砥石を研ぐこと(絶えず砥石の表面は平らにしておくこと=面直し)。 ※ 玄関先の平らなコンクリートの上に擦り付けて平らにするか、あるいは砥石同士で摺り合わせをする。 面直し用の砥石のようなものも売られております。 2.砥石をお使いになるときには、水を充分吸わせて(砥石によっては水に浸さずに使えるものもございます。)お使いください。 3.研ぐときに水を流しながら研ぐ方がいらっしゃいますが、研ぎ汁は研ぐために必要なものでございますの流さないようにしてください。 ※ 私は、砥石の表面に水気が無くなって参りますと研ぎ汁を流さない程度に霧吹きで水気を与えております。 4.刃先の角度は一定に保つこと ※返りが出始めましたら、数往復砥石の上を軽く滑らせるように致しますとより刃先を鋭く研ぐことが可能となります。 5.返り(研いだ面の反対側に出来る金属の捲れ)をしっかりと取ること ではないかと存じます。 m(^=._.=^)m

3人がナイス!しています

0

オススメは面直しや荒砥用に#200~600位のダイヤモンド両面砥石と#1000と#3000の砥石です。 #1000と#3000の両面砥石でもOKです。 #6000は細かすぎだと思いますが、更なる切れ味を求めるなら購入しても良いと思いますよ。 ちなみに私はステンレスの包丁は#3000位で仕上げてます。

0

私も色々試しましたが、最近はこのような安物のダイヤモンド砥石だけでいいんじゃないかと思うようになりました。 水に浸す必要も平面を出す必要ないですし、刃物が削れた粉しか汚れが出ないので扱いやすいです。 ただし3000番ではまだ帰りが取れない場合もあるので、仕上げ砥石か革砥はあってもいいかもしれません。 なければ新聞紙とピカールで仕上げてもいいと思います。

画像