回答受付が終了しました

山田真貴子が、月給の60%を返納した額が、70万5千円とすると、基本月給は、117万5000円、地域手当を含めると、彼女の月給は、

1人が共感しています

回答(6件)

0

内閣広報官は次官級です。そりゃあ相当もらうのは…当たり前w

0

もちろんです。 退任後は、一流企業(東北新社?)への天下りも確保されています。

1

罪を犯した人間が 自分で罰金を決めた。あり得ない。 そもそもこういった問題は次から次へと 起こる。 なぜ?それは処分が甘すぎます。 すべて懲戒免職、退職金も出ない。 そういうことにしなければいつまで たってもなくならない。

1人がナイス!しています

まぁ・・・、ねぇ・・・、 「大変遺憾であり、厳重注意を行った。これからは再発防止に万全を期す」 と”毎回”呪文を唱えているが、結論としては、 「お咎め無し」 だからね。何度も起こるのは、むしろ理にかなっているといえる。 むしろ、起こらない方がおかしい。

0

金額的には、妥当な給与だと思います。 問題は「自主返納」でしょう。 どこの世界に「犯罪を犯した」人間が、自分裁量で罰を決め、罰金を払うことを認めますか? 仕事にしがみつくも何も、懲戒免職の事案でしょう。

1

大企業の部長の月給の平均は70万円くらいだったかになるそうなので、それよりもかなり多いとは、いい仕事ですね! サラリーマンで大企業の部長にまでなれるのは選ばれし者たちとも言える人々なんですけど、この人の給料を聞いて驚いているかもしれませんね。 その返納する70万円が、実は官房機密費からではないか?とも言われているみたいですね。官房機密費は、「何に使ってもいい使途不明金」ですからあり得るのかもしれません。

1人がナイス!しています

確かに、それだけ貰っていれば、 国会で、 「5人で、34万4千円であり・・・・、普通のことではないかと思う」 と、いけしゃ~しゃ~と、厚顔で答弁するのも納得できる。