回答受付が終了しました

長期金利上昇のなにが懸念なのでしょうか。なぜ株価が下がるのでしょうか。

経済、景気622閲覧

1人が共感しています

回答(4件)

0

長期金利が上昇するということは、言葉通り、金利が上がるということです。 資金調達コストが上昇するのだから、株価が下がることになります。 そもそも資金調達自体をしない会社にとっては、あまり関係ないことですが。

2

(仮定)の話ですが… 元本保証されるリスクの少ない10年物の日本国債の 年利が2%代になったとしたら、暴落のリスクのある株式の 一部を売却して国債を買うという行動が「投資家心理」に 響くから… であると考えます。

2人がナイス!しています

1

んとね金利上昇はいろんな側面があるんです。実は今回の米国長期金利上昇は最近始まったわけではなくて、すでに昨年の夏ごろには金利は底打ちし上昇が始まっていたんです。 んで初期段階の金利上昇は景気回復を意味するので、株式にはサポート要因ですが、一定以上行くと今度はインフレ懸念が出てくるので、株式にとっては懸念要因になるんです。 今回はその閾値を超えてきたってことです☆

1人がナイス!しています