『もう少しの辛抱だ』。これを使って例文を作成して下さいませ。

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

「この仕事をやめたいだと。もう少しの辛抱だ。続けてくれ。お前だって十九はたちじゃあるまいし、これがやばい仕事だってことぐらい気づいてるだろ。なんなら仲間に入れてやってもいい。いやだと言うなら」男はぞっとするような笑い方をして「ここから生きては出られないぜ」と言った。

0

ID非公開

2021/2/27 12:47

「もう少しの辛抱だ」「頑張れ生きて国に帰るぞ」との小隊長の声掛けも空しく敵の榴弾砲で瀕死の重傷を負った兵には届かなかった。