ID非公開

2021/2/27 12:29

77回答

新築予定です。

画像

新築一戸建て | 住宅ローン492閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/2/28 15:56

この見積もりに書かれているもの以外でまだ必要な費用があるんでしょうか?( ; ; )

その他の回答(6件)

1

半年ほど前に新築した者です。 全て含めての予算はいくらで考えておられるのでしょうか? 出来るだけ追加費用が発生したくない、予算オーバーしたくないなら、大まかで構わないので数値化できる項目は全て数値化し、合算してどれ位になるのか把握した方が良い。 概算で金額が記入されてない所は、後から追加になった際に費用が結構上がる項目がほとんど。 土地の面積や水道の口径が分かっていますし、明確な金額でなくて良いので、税金や保険料などは大体どれくらい掛かるか教えてもらえるはずです。 ネットでも水道加入金などは、おおよその金額を自分でも調べられます。 カーテン・照明は本体工事費に含まれているとの事ですが、間取りとカーテン・照明プランは既に決まっているのですか? つなぎ融資は利用せずにローンを組まれる予定ですか? 上棟式はしない予定ですか?するなら祝儀などで+10万前後。 地鎮祭の予算が一万なら、神主への謝礼(3万前後)が入ってないと思います。 地盤改良費は最初から100万ほど組み込んでおいた方が良いです。 改良が必要となった際に予算ギリギリだと間取りの変更や思いっきりグレード下げたり、100万以上も費用が掛かる場合もありますので。 外構は50坪の敷地なら100~150万ほどでしょうか。 メーカーや工務店を通すと仲介手数料が大きいので、予算を抑えたいなら業者は自分で探して直接頼んだ方が良いです。 正直、契約するには不確定要素が多すぎる。 これで契約したら費用が上がる可能性が非常に高い。 もっと話を詰める必要がありますし、可能なら相見積もりを取って他社と比較などするべきです。

1人がナイス!しています

0

ID非公開

2021/2/27 23:50

安すぎませんか? 何か必要な設備を追加しようとしたら価格が跳ね上がるシステムとか... ローコストで一見安そうに見えても、耐震ダンパーや断熱材などの設備までオプション費用を徴収する所もあるみたいなので、建物価格に何がどこまで含まれているかは一つ一つ確認する必要があると思います。

2

外構費は数百万単位で掛けようと思えばいくらでも必要になる金額です。 地盤改良費が未知なのも怖いですね...。 ガスは引かないのですか? 友人は、地盤改良費だ何だと当初より1,000万以上あがったと言っていました。

2人がナイス!しています

3

安価過ぎて、逆に心配になる。 どちらにしても、間取り変更や設備追加した最終プランで価格提示を受けて契約する事です。 契約後の追加や変更は高額になります。

3人がナイス!しています

一般的には本体価格以外に下記費用は必要です。 ○付帯工事費:屋外給排水工事40~50万、雨水排水工事20万、屋外電気工事10万、仮設費(電気・水道・養生シート・トイレ)15~20万程度 (配管延長や最終枡までの距離、仮設トイレの種類、養生の内容、各種申請関係を含めるかどうかなどで金額は変わる) ○必要経費:地盤調査費10万、基本図面作成費25万、設計管理費25万、瑕疵保証保険10万、オール電化申請他5万、諸検査費用10万(長期優良住宅やZEH認定は別途) ○その他経費としては、登記・保険・税金など諸経費50~100万、土間コン・カーポート・ブロックフェンスなど外構費用200万程度、地盤改良が必要な場合の改良工事費用100万程度、カーテン・照明・エアコン他

2

※当方,勉強しただけの一施主です 非常にコンパクトなお宅ですね。坪単価60万ほどですから,高くはないと思います。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/2/27 12:50

契約してから 金額があがったりしないか 不安で…( ; ; ) 相談できる人がいないので とても助かります!