ゼカリヤのこの部分は三位一体教者にとってのろいの言葉となりますか?

宗教60閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

偶像三位一体礼拝者の聖書は、太字の「主」ですので、偶像エホバの聖書からの見方と同じようなものと思いますよ。 太字の主またはエホバやヤハウェと訳された、YHWHはこの呼び名を最初に知らされたモーセは、この呼び名を「キリスト」と呼んでいますので、ゼカリヤの預言のその日は、終わりの日の唯一の救い主イエス▪キリストの名の他に無いのではありませんか?。

0

なりませんよ。 「三位一体」を用いようと用いまいと結果には何も影響しません。 旧約聖書ゼカリア書14章に書かれている預言は、ヘブライ民族の願望が書かれた預言でしたが、それが成就することはありませんでした。 ゼカリヤは紀元前6世紀頃の預言者で、ペルシャの台頭によりその保護の元バビロン捕囚の終焉に至り、囚人及びその子孫のエルサレムへの帰還、神殿の再建が許された時代でした。 惨めなバビロン捕囚は終わったものの、これ以降のユダヤ、ヘブライ民族は強国の属国として命脈を保つだけの身となります。ゼカリア書14章に書いてあるような威勢のいい出来事は起こりませんでした。 エホバの証人による偽預言も酷いですが、預言者による預言なんてものは所詮この程度なんですよ。 ありもしない希望にすがって生きる事しかできない人々の哀れな末路です。 残念でした~♪ あはっ。

するとミカヤは言った,「ご覧なさい,あなたが一番奥の間に入って身を隠すその日に,[どちらの方かが]分かるでしょう」 とミカヤが言った言葉の通りになりますように。