回答受付が終了しました

ID非公開

2021/2/27 21:25

11回答

Twitterなどでドラマ「天国と地獄サイコな2人」についての考察が沢山あり、面白いなと思ったのでみなさまの考察を教えてください!

ドラマ1,181閲覧

回答(1件)

7

黒幕のサイコパスは漫画を描いたと思われる十和田元と推測。自殺とされているが、実は生きているのではないか。 東朔也は三年前の殺人事件を、自分の父親と関係がある四方がリストにある関係で手伝った。その後日高陽斗と再会した東は歩道橋で日高と入れ替わり、その際に日高は事の顛末を知った。その後、奄美を訪れて東と日高は元に戻る方法を知り、元に戻る。しかし連続殺人を始めた十和田に脅迫され、病気の東に代わって日高が共犯になって殺人事件の後始末を請け合う。日高は東のペンキによる連絡で十和田の指令を受け取り、十和田とは面識がない。 ちなみにアメリカでの連続殺人との関連は、日高を逮捕させたかった九十九によるでっちあげ、日高の性的指向は同性愛者と推理。 ドラマの題名にある「サイコ」は『サイコパス」ではなく、映画『サイコ』に対するオマージュだろう。『サイコ』の青年は、母親が犯したと妄想する殺人の後始末をする(実際は精神に異常があり多重人格になった自分が殺人をして痕跡も隠しているのだが)。ここから考えると、日高は十和田の描いた漫画も含め、東が描き殺人を犯していると思い込んで後始末をしたという流れもあり、登場人物の全員がいまだに、殺人事件や入れ替わりの事実を少しずつしか認識できておらず、全容を把握する人物は一人もいない可能性もある。

7人がナイス!しています