ID非公開

2021/2/27 21:57

55回答

ブルーベリーの栽培について

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2021/2/27 23:51

ラビットアイ系をやろうと思っています。 ラビットアイは適応能力が高めだったのでいけるのかな?と思ってました。 鹿沼土だけでは弱酸性ぐらいですかね?

その他の回答(4件)

0

鹿沼土の㏗4.5位ですから、園芸用土としてはかなり酸度が高い方です。 ラビットアイ種はそれ程酸度を要求しませんので、当家は露地植えで ㏗ は6.4前後ですが殆ど問題ありません。 寒冷地でなければ、ラビットアイ種がお勧めですが、大ききくなり易い品種が多いので注意が必要です。 鹿沼土を使うときはしっかり水を吸わせて半渇き位で使った方がいいです。余り乾いた鹿沼土は水を吸収しにくくなります。当家では崩れ難い硬質鹿沼を使っています。ラビットアイ種なら2~3割程度混ぜれば十分でしょう。 参考まで。

ID非公開

質問者

2021/2/28 13:30

こちら雪は降るものの-10℃までは行かない地域です。 ピートモスは使用していらっしゃらないのですね 問題なく収穫できていますでしょうか?

1

参考までに。 ピートモスは強いて必要ないよ。 っていうか、ネキリムシの発生リスクが高いので、私は絶対に使わないから。 腐葉土も発生しやすいがね。 で、鹿沼土と赤玉土でも十分作れるよ。 腐葉土を使うなら量は少なめに。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/2/28 8:26

ピートモス使用しないで栽培をされたことありますか?

0

こちらも今年からブルーベリーのラビットアイ種を育てるのでまだ実験段階ですが、書こうと思います。 まず、ラビットアイ、ハイブッシュに限らずブルーベリーは酸性の用土じゃないと成長不良になりやすいみたいです。 もしピートモスを全く使わないように考えているなら、弱酸性のココピートがph6.0±0.5なので、それとph4〜5の鹿沼土と半々に混ぜて、ラビットアイ系のブルーベリーならいけると思います。 また、肥料は酸性に偏りやすい油粕辺りがいい気がします。 鶏糞の肥料はカルシウムが入っていてアルカリ気味になるから使わない感じで。 ピートモス、保水力が高くて2年くらいで泥化するみたいですし、他の植物にはちょっと使えないかな?と思い、色々模索しています。

0

先にもありますが ピートモスは酸性土なので使用します。 (使用時は表示を確認すること) なので赤玉土や腐葉土を混ぜてしまうと 酸度の問題でクロロシスになり生育不良となる可能性があります。 特に酸度に敏感なハイブッシュ系では育たなくなりますよ。 また保水性を上げるためにもピートモスを混ぜるわけです。 ちなみに吸水しにくくなってしまった場合は どの土の配合でも同じですが 鉢ごと水を入れた容器に浸すようにします。