ID非公開

2021/2/27 23:34

55回答

投資とギャンブルの違いって何ですか? 全員勝つか全員負けるかが投資で、 勝つ人負ける人に分かれるのがギャンブルですか?

資産運用、投資信託、NISA | 株式39閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

ギャンブルは 利益を転がすことはできないけど 投資はできます そこが違います

0

『投資とギャンブルの・・・?』について、 『ギャンブル』は数分で結果が出て勝ち負けが確定しますが 『投資』じゃそうは行かないなぁ〜と また『ギャンブル』は当たれば高配当で高配当倍率なので【たら・れば】などを言って使う人が多くいますよね〜(笑) 『全員・・・』について、 そんな事はないと思いますよ 『勝つ人・・・』について、 いいえ! 『投資』にも『勝つ人負ける人』は存在する時はアルのですが長期戦に持ち込んでプラスになるよう出来たりもしますが 『ギャンブル』だと数分で結果が出てしまうので長期はムリですよね! 少し前に2600倍の競輪配当金が的中しました。(笑)

0

人によって線引きは様々でしょうね。 私の場合、株であれETFであれ投資信託であれ長期ホールドするものは「投資」 、短期トレードするものは「ギャンブル」だと思っています。 もちろん、競馬・競艇・パチンコ・宝くじも短期トレードの仲間に入ります。

0

投機=ギャンブルです。 投資の一部にある「先物取引」「FX」など にはギャンブル的要素を含みます。 投資でも「現物取引」に限れば ギャンブル的要素は少ないと考えます。 超低金利政策が続き10年物の定期預金金利が 「雀の涙」しかない現状で、余裕資金の一部を 株式や投信で運用し配当金や分配金を 定期的に得ることは自然な考え方です。