新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

賃金月額が月8.8万円以下の場合でも厚生年金は加入義務があるのでしょうか? 2月に入職した職場でパートタイマー社員として働いていました。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご丁寧にありがとうございました。よくわかりました

お礼日時:2/28 14:57

その他の回答(2件)

0

雇用契約書に社会保険加入と有れば社会保険加入になります。

単に明示書に記載してあるだけでは加入を強制できる根拠にはならないでしょう。 日本保険機構のHPには労働時間だけではなくこのように記載されていますね。ここまできちんと回答に記載があればベストだったんですが。 また、アルバイト・パート、契約社員として働く従業員も以下の2つの条件いずれかを満たす場合、厚生年金の被保険者となります。 1週間の所定労働時間、1カ月の所定労働日数が、一般社員の4分の3以上であること 以下5つの条件を満たす労働者 週20時間以上勤務 年収106万以上(賃金月額が月8.8万円以上)※ 1年以上の使用が見込まれる 従業員501人以上の勤務先で働いている 学生でないこと

0

額でなく週20時間以上勤務で加入

単に明示書に記載してあるだけでは加入を強制できる根拠にはならないでしょう。 日本保険機構のHPには労働時間だけではなくこのように記載されていますね。ここまできちんと回答に記載があればベストだったんですが。 また、アルバイト・パート、契約社員として働く従業員も以下の2つの条件いずれかを満たす場合、厚生年金の被保険者となります。 1週間の所定労働時間、1カ月の所定労働日数が、一般社員の4分の3以上であること 以下5つの条件を満たす労働者 週20時間以上勤務 年収106万以上(賃金月額が月8.8万円以上)※ 1年以上の使用が見込まれる 従業員501人以上の勤務先で働いている 学生でないこと