太陽系に近い恒星で超新星爆発が起きたらどうなりますか?放射線などが飛んでくるのでしょうか

その他の回答(5件)

0

一番近くて明るい恒星であるケンタウルスα4.3光年、が超新星になったら・・というネタはもう30年以上前にNHKが扱ってたことがあります。それによれば・・ その昔はニュートリノ検出器などなかったので、人類が気づくのは超新星化してからです。今は、24時間くらい前に察知できます。 まず、南半球からは4年間ほど、夜がなくなります。夜も昼間と同じくらい明るくなります。熱くはないのですが、そのくらいの光度に達します。その際の猛烈なX線、紫外線、は程なくしてオゾン層を破壊し尽くしまして、人々は防護服を着ないと外出できなくなります。その影響はすぐに北半球にも及びます。 動植物はかなりの種が絶滅に向かいます。 もちろん、農作物も、致命的な太陽紫外線が容赦無く降り注ぐというのであれば従来通りの収穫など期待できないでしょう。 凄まじい飢餓がやってきます。 地下に都市を作る、などして生き延びる一部の人はいるかもしれませんが、それも20年ほどで終焉を迎えます。ケンタウルスαを吹き飛ばした衝撃波が太陽系にやってきます。それが地球の大気を剥ぎ取ってしまいます。地球はその一撃で大気をほとんど失い、死の星に変貌するそうです。

1

太陽系に最も近い恒星は4.3光年ほど離れていますが、今のところ超新星爆発の予兆はありません。 近くでは640光年ほど離れたオリオン座のベテルギウスが超新星爆発するのではないかと研究が進んでいますが、ガンマ線バーストの軸から地球は外れています。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210221/k10012878681000.html

1人がナイス!しています

0

宇宙規模で言ったら約640光年離れたペテルギウスは近い内に入るのでは?ペテルギウスの場合には超新星爆発をしても衝撃波が太陽系に到達しても大した影響は無いと言われていますが100光年以内だと惑星の大気が飛ばされたり小惑星の軌道が変わったりするそうです。X線バーストの軸線上に有ると生物は絶滅するそうですがペテルギウスの軸線は地球方向には無いそうです。ペテルギウスが超新星爆発すると何ヶ月かは満月よりも明るい星が空に現れるそうです。(昼間でも見える様になるそうです。)近傍の恒星系の恒星が超新星爆発をすると爆発光とX線バーストが襲来してから距離に依って時間差で衝撃波が襲来して来ます。