ID非公開

2021/2/28 19:49

66回答

鉄道において「電化」の意味について まず添付画像をご覧下さい。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E9%A2%A8_%28%E5%88%97%E8%BB%8A%29?wprov=sfla1

画像

鉄道、列車、駅 | 鉄道ファン55閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:3/7 9:45

その他の回答(5件)

3

これは単純に運行区間で電化区間と非電化区間がどこなのかを表しているだけ 南風は非電化区間に直通するため当然ディーゼルカーによる運転で架線から電気を一切取らない

3人がナイス!しています

3

電気か軽油の違いです。 簡単に言えば気動車はバスやトラックみたいなもんです。 当然、ガス欠で動けなくなるというトラブルがある。 列車本数の少ない過疎路線は気動車や蓄電池・充電式車のが運行経費安いが、都心部は列車本数が多く、編成も長いので、電車のが安い。

3人がナイス!しています

2

都会の人には線路の上を走っているものを全て電車と呼ぶ人がいますが、電車だけではありません。 線路の上を走る鉄道車両のうち、電気でもってモーターを回して走るものを「電車」と呼びます。 電線を張ったり維持するのには金がかかるので、列車の本数が少ない地域でそれをするのは非効率です。 現代の日本の非電化区間ではディーゼルエンジンを動力源とした「気動車」が専ら使用されています。 なお、電線が張っている電化区間でも気動車は走ることが出来るので、ご指摘の区間には岡山などから直接気動車が乗り入れていますよ。

2人がナイス!しています

3

琴平までは電化されています 電車が走っています そこから先は非電化です ディーゼル車が走っています。

3人がナイス!しています

3

非電化は文字通り、電気を動力として使っていません。 非電化区間を走る列車は現代では全てディーゼルエンジン、つまり軽油で走っています。

3人がナイス!しています