雀が飛べる高度は30メートルが限界らしいと聞いたのですが、何故なのでしょうか? もっと飛べそうと思うのですが?

動物 | 鳥類61閲覧

ベストアンサー

1
画像

1人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

標高300mの山の頂上にだってスズメはいるねw

ちなみに、地面にいたスズメが驚いて飛びたって、近くのビルの屋上(推定40m以上)に一気に飛んで行くことなどしょっちゅう見かけます。 30mが限界なんてただの嘘です。

1

人間で言うと、全力疾走できるのは、10秒弱くらい、距離にするとトップアスリートで100メートルまでです。これは、筋肉に保持しているエネルギーが走ることで消費され、そこまでで枯渇してしまうからです。そのあとは、少し休んでエネルギーが復活するまでは走れません。無酸素運動です。 マラソンのような走り方は、全力でなく、酸素を供給しながらエネルギーが枯渇しない範囲で続ける有酸素運動運動になります。 日常の動きは、無酸素運動と有酸素運動運動の組み合わせです。 スズメさんが、無酸素的に全力で飛び続けられるのは30mということなのでは?

1人がナイス!しています

2

それは能力的に30m以上の高度は飛べない、という事ではなく、スズメは普段の生活ではあまり高く飛ぶ必要がないので、通常は30m以下の高さを飛ぶことが多い…という事ではないでしょうか。 野外で観察していても、スズメは普通に何百mもの距離をいっきに飛んでいますし、また明らかに30mよりも高い所を飛ぶのを見かける事もあります。 とくに越冬期には、スズメは大きな群れをつくって広々とした河川敷のような開けた場所で生活しているので、そうした広々とした場所で暮らすスズメは、もっと高い所を飛んでいると思います。 また、スズメの仲間にはニュウナイスズメのように、季節によって長距離の移動を行う種類もいるので、30m以上の高さは(能力的に)飛べない…というのは、ちょっとあり得ない話のように思えますが…。 ただ確かに、繁殖期に人家の付近などにすむスズメは、普段はあまり必要がないので、せいぜい30mくらいの高さを飛ぶことが多い、という意味ではないでしょうか。

2人がナイス!しています

0

身体が小さいからでしょうね。ホントに短い距離を移動する事ができればよいので 高度は必要としないのでしょうね? スピードやスタミナのない雀が、高い空域を飛ぶのは猛禽類やカラス達の絶好の餌食になりますね! 低空地で大型の鳥類から身を守る 「すばしっこさ」の方が雀には重要なのです。 また、雀は人間を利用して暮らしています。 カラスが嫌う人間の生活圏内に雀が潜り込むことで天敵のカラス達からの防御壁として人間を利用してきました。 大昔より民家に巣を作るのもそこに理由があるからです。 人間のそばに居ながらかつ適度な距離を保てれば良いので高く飛ぶ必要はありません。 (里村が廃村となり人が全くいなくなったら雀も居なくなったデータがあります) また雀はハタオリドリ科で 低木から低木 藪から藪 稲穂から稲穂 くらいの移動習性です。