ID非公開

2021/3/2 14:17

44回答

個人事業主と会社員、どちらがメリットありますか?

職場の悩み | 起業50閲覧

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/3/2 14:48

その通りですね

その他の回答(3件)

2

メリットあるとしたら会社員ですね。 福利厚生しっかりしてるし年金なども会社と折半での支払いだし。 デメリットとしては自分の能力に対して給料が安い場合がある。 逆に個人事業主のメリットは能力が高ければ無限に稼げる。 が、会社員で30万もらってて個人事業主で50万もらっててもやはり会社員のほうがメリット高い。

2人がナイス!しています

2

会社員は、毎日会社に行っていれば給料はもらえる。 個人事業主は、自分の質力次第で給料が決まる。 会社員は福利厚生等、会社に守られているし権利もある。 個人事業主はそんな事言ってられない。 会社員しかメリットはありません。

2人がナイス!しています

3

一長一短です。 会社員、特に正社員であれば、日本においてはよほどの不祥事を起こさない限りは解雇されません。 ですので、一定の我慢、妥協をすれば定年まで収入を得続けることができます。 しかし出世や高い実績を持たないとより多額の収入を得られません。 個人事業主の場合、経費や税金の支払いの義務があるものの、成功すれば会社員よりも多額の収入を得られます。 しかし失敗すれば1円も稼げなくなるだけでなく、借金を抱えて事業がつぶれても、それを最後まで完済する義務が発生します。 ざっくり言えば、会社員のほうがローリスクローリターン、個人事業主はハイリスクハイリターンです。

3人がナイス!しています