ID非公開

2021/3/3 8:01

55回答

You Tubeでヒーターの故障で熱帯魚が死んでしまったのを観ました 好きなチャンネルなのでショックでした

補足

消耗品なんですね いつかは飼ってみたいと思いつつ、メダカで我慢しています 45年以上前のものでしたから違うんですかね? 実家にあると思うので今度様子を見てみます

ベストアンサー

0

通常は1.2年で交換と言われています。 ヒーターには二種類あり、サーモスタット内蔵のオートヒーターと、サーモスタット ヒーターが別のタイプがあります。 オートヒーターの場合、ヒーターが壊れたら丸ごと交換しなければいけませんが、別の場合はヒーターのみ交換となるので、長い目で見るとコスパはよくなります。

その他の回答(4件)

0

安全対策でいえば、 サーモスタットを2台、1台は常時稼働用に設定水温は26℃。 もう一台は、23℃ぐらい。 ヒーターはそれぞれ2本づつ。 であればまずヒーター故障で魚を落とすことはなくなるでしょう。

0

基本としてヒーターは消耗品です。 長くとも数年で買い換えるべきです。 私も先日壊れたところです。しかも割とかったばかり。 (11度ほど下がってしまいましたが幸いカメだったのでなんとかなりました。) 余裕があるならサーモ一つからヒーター2つつないで水温の低下を迅速に検知できる仕組みを取り入れるべきです。 実際にそれで救われたことありますし。(当時は熱帯魚です)

0

何を見たか分かりませんがヒーターの故障、センサーの故意の事故はあるある話です。 2つ入れるのは片一方が壊れても水温の急変を抑制する為です。なので、ヒーターを2つ入れる事自体は良い方法だと思います。

0

水槽のサイズやレイアウトによるのでなんとも言えません。