定格出力が235Wのアンプを持っています。でも消費電力が106Wです。どゆこと?

オーディオ | 工学150閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(8件)

1

そのアンプはいわゆるオーディオ・アンプで音響出力用です。 音響出力は連続の正弦波のように連続で一定の電力になるようなものではありません。 従って消費電力も音量の大きな時は大きく成り小さいときは小さくなります。 そうでなければ音量が小さいときめちゃめちゃ電力を無駄にしていることになります・・・・

1人がナイス!しています

2

日本の有名メーカーでも瞬時的な値で表示していることを知っていれば良いことです!

2人がナイス!しています

不思議な表示の楽器用アンプ、VOX 、ローランドがこの方式です。 いずれにしても消費電力は制御部品等も含め突入とうの瞬時値では無く定常状態の値を積算します。 そうで無いと過剰な配線設計になってしまいます!

2

同じ単位ですが、機器の消費電力と音声出力は同じでは有りません。 アンプの消費電力はタイプにより(回路の違いA級アンプ・B級アンプ・AB級アンプ・D級 構成の種類アンプ、トランジスタ・真空管)により異なってきます。 それに音の状態により違ってきます。

2人がナイス!しています

1

今は定格出力の1/8を出している時の消費電力を表示するようになっています。 https://yamaha.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/6910/related/1 235W÷8=実効値RMSが29Wでピークが235W相当で歪んでないと言うことです。 106W-29=77Wがパワーアンプ以外の回路で消費されている計算になります。 普通の音楽はピークが1(0dB)とすると実効値が-12dB位で,電力差が-9dB(1/8)だと言う規定で表示されるようです。

1人がナイス!しています