ID非公開

2021/3/4 21:09

55回答

キューブリックのアイズワイドシャットの出来って正直どうですか?

外国映画 | 俳優、女優48閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

1

初見は劇場封切りでヴィジュアルは終始不穏な空気感と緊張が付き纏う感じですが、当時夫婦のトム・クルーズとニコール・キッドマンの空気感がリアルで現実でもこんな空気感なんだろうかと、あまり見ていて気持ちいい感じは無くそのまま、あれ?終わり?で消化不良のまま終わりました。印象に残ってるのがニコール・キッドマンが開けっ広げのトイレで用を済ませサッと紙で拭いた後颯爽と出かけるわよってな感じでトムと連れ立って行くというカットで、え〜気にしないんだ!とカルチャーショック受けた事が鮮烈に記憶しています。 それでも後々観返してみようかと思える魅力が漂って居るのがキューブリックの天才たる由縁でしょうか?計算された構図と美術で最高の絶頂期に在る主演2人を最高の形でフィルムに落とし込んだ結果それは至高の男女を後世に伝え得るフィルムに仕上がったという事でそれだけで十分と思える映画なのですかね。私には単にこの二人を素材として魅せられ、撮る欲求が為の映画に感じました。

1人がナイス!しています

1

失敗作と思います。 これ何も予備知識なしで見た場合、「キューブリック作品」と 気付く人ほとんどいないと思います。 あと個人的には ・大好きなリー・リー・ソビエスキーの無駄使い。 あのシーン意味が分からず ・確か代役のはずですが、監督シドニー・ポラックはミス・キャスト

1人がナイス!しています

1

期待外れでした。キッドマンがトイレしてたシーンが一番良かったぐらいです。

1人がナイス!しています