What is your job? と聞かれて、My job is teacher.と答えるのは、誤りですか。 やはりI am a teacher.でしょうか

英語19閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。次からそう返すようにします。 とりあえず職業は先生ではありませんが(汗) BA悩みました。 もうお一方のご回答者さまもありがとうございました。

お礼日時:3/5 0:50

その他の回答(2件)

1

1, My job job is an English teacher. 2, My job is teaching English. いずれも一応用いられるのですが、 1、「仕事(こと、もの)」=「教師(人)」 2、「仕事(こと、もの)」=「教えること(こと)」 という論理的対応として2がより望ましいとされます。 https://books.google.com/ngrams/graph?content=job+is+a+teacher%2Cjob+is+teaching&year_start=1800&year_end=2019&corpus=26&smoothing=3&direct_url=t1%3B%2Cjob%20is%20a%20teacher%3B%2Cc0%3B.t1%3B%2Cjob%20is%20teaching%3B%2Cc0 検索制限字数の関係で job is a teacher job is teaching での比較しかできませんが、このグラフは英語文献にそれぞれの言い回しがどれくらい出現してきたかを表す統計資料です。 My job is a teacher. 単独で調べると添付画像のように2000年以降急上昇しているのですが、 My job is teacher... と同時に表示させると上記URLのような相対関係となり、 [job] =[teaching] という「事=事」の対応の方がずっと普通で有ることがうかがえます。

画像

1人がナイス!しています

0

横からすみませんが、回答させていただきます。 なんでかと言われてみれば理由は説明できないですが、言語とはそういうものだ、とある程度妥協しなければいけないと思います。 言語を学ぶ上で、理由を追求することはあまり生産的には思えません。 日本語でも自然な表現とそうでないものがあるように、外国語でも同じです。 結論として、「文法的」に間違っていなくても、「不自然」なことはあるので、「自然」な表現を使うことに越したことはないということですね。 まあ、意味を伝える分には問題ないとは思いますが。

失礼しました。 My job is a teacherです。なるほど、確かに、文法的にはおかしくなくても、英語的にはおかしい、大変しっくりきました。 何故日本は戦争に負けたときに第二母国語が英語とならなかったのでしょう。 英語がしゃべれれば、ちょっとは日本のポジションもマシなはずなのに。