辻敬太の過去の事故の事を沢山調べて、 憤りが止まりません。 なぜあんなに罪が軽いのでしょうか?

交通事故922閲覧

18人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しくわかりやすく、ありがとうございました!

お礼日時:3/8 15:05

その他の回答(4件)

3

私も最初の回答者さんと同感です 処罰というより謝罪、償い をしていないというより 本人の感覚上、賠償金が謝罪なんです やりきれないのは 被害者家族がSNSに晒してしまったことで (というか嘆き) 名誉毀損に類する罪になるだけで 本人に何も影響がなさそうな点 コンサル業とか投資ですからね ぶっちゃけ お金が謝罪という姿勢なら お金で解決するしかなかった 多分、保険会社が払った賠償金以降 何もしてないですよね もちろん 被害者家族が納得しないのは 当然ですが ここまで問題が大きくならなかったと思います

3人がナイス!しています

3

私も同意見です。同じことをされたら、と思うと怒りで体が震えます。

3人がナイス!しています

2

過失での事故であれば普通ですが、何をもって軽いと思われるのでしょうか。

2人がナイス!しています

5

この際、処罰はどうでもイイと思います。 刑法の処罰は「世間への謝罪と更正への道筋」であり、 被害者への謝罪や償いではありません。 問題は、彼が自身の罪と被害者の傷に向き合っていないコトです。 「被害者と被害者家族の傷を我が事として捉えられるようになる方法」 を、自分自身で徹底的に考え、 その考えに基づく誠意の在り方を実行し、 間違っていれば是正して、 償いの日々を送る生き方を選択できるようになるか? ではないでしょうか? であれば、今さら法的な罰の軽重を云々しても仕方がないと思います。 ・・・・こんなの、普通の人には言わなくてもイイんだけど、 彼にはそこから言わなきゃならないようですね・・・・・ なお、彼の言う「償い」は、金銭的被害に対する償い方であり、 身体や命や人生に対する償い方ではありません。

5人がナイス!しています