ここから本文です

3万年前の刻み目が付いたオオカミの骨が1937年にチェコスロバキアのブエストニツエ...

mar********さん

2009/3/1311:11:10

3万年前の刻み目が付いたオオカミの骨が1937年にチェコスロバキアのブエストニツエで発見されたあります。ブエストニツエはチェコ、スロバキアのどちらにあるのでしょうか?

補足ブエストニツエの綴りは「Vestonice」です。

閲覧数:
345
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2009/3/1312:55:48

ヴルコリニェツの間違いでは?




ヴルコリニェツ(Vlkolínec)は、スロバキア中部のニーズケー・タトリ山中にある小さな村。「ヴルコ」はスロバキア語で「オオカミ」を意味し、かつてオオカミ狩りの猟師たちの村であったことに因んでいるという。

中世以来の伝統的な工法の建物群が現存していることから、1993年にユネスコの世界遺産に登録された。地元の人々が実際に暮らす村落で世界遺産に登録された例には、他に「ホッローケーの古い村落とその周辺」(ハンガリー)、「白川郷・五箇山の合掌造り集落」(日本)などがあるが、ヴルコリニェツはそれらよりも小さな村のため、町並みなどが対象となる「建造物群」に分類される世界文化遺産の中では、最小クラスの物件である。

ホッローケーからわずかに120kmという近さのため、2つの村落はしばしば類似の景観として理解されるが、ヴルコリニェツには独自の文化的伝統に対する強い誇りが存在する。とはいえ、わずか45軒の住居が並ぶ小さな村落では、定住人口は減少傾向にある。都会の住民が別荘などとして住居を買い取る事例も現れているが、外観は保持することが条件となっていることから、景観は守られている。しかし、ヴルコリニェツで伝統的に培われてきた村落共同体文化の維持・継承は困難になってきている。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hol********さん

2009/3/1822:10:38

オオカミの骨が1937年に発見されたのはDolni Vestoniceですね。
下記に記述がありました。
http://www.firstscience.com/home/perspectives/editorials/number-stu...

Dolni Vestoniceはチェコ側のようです。
地図
http://www.traveljournals.net/explore/czech_republic/map/m769112/do...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる