ID非公開

2021/3/29 12:22

66回答

宝塚歌劇団の柚香光についてです。

宝塚962閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

15

15人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ナイスが1番多かった方をベストアンサーにしました。 皆さんご意見ありがとうございました。

お礼日時:4/2 23:59

その他の回答(5件)

5

顔というのも一理あると思います。 柚香光さんのお顔はとても不思議で、メイク次第でどんなお顔にでもなれてしまう顔です。どんな役でもハマってしまいます。人間以外の役でも天使も悪魔も妖精も、何でもござれです。 あとはとても豊かな表現力のあるダンスと心のあるお芝居でしょうか。 あとは何と言ってもキラキラしているところですね。舞台のどこにいてもキラキラしていて目を魅きます。とっても素敵です。 柚香さんを一言で表すなら「ときめき」だと思います。そんなスターです。

5人がナイス!しています

7

柚香さんは下級生の頃から目立ってましたね。 口上の時も収録日に柚香さんが口上でしたし、映像として残されるものの時は柚香さんが真ん中に置かれてました。 演出家の方が、将来トップになると確信した人を真ん中に置くそうです。 ですので、その時からそうやって育てるつもりだったのだなと思います。 その時から私も元ジェンヌの友人と、この子はトップになるね、と話してました。 支援者がどうとか全く関係ありませんね。 しかも支援者というのはスポンサーと同じです。スポンサーがつくのはその方にそれ相応のものがあるからです。 長年宝塚を見ていますが、あのようなものをもった人は稀ですね。

7人がナイス!しています

1

顔とバックが大きいことだと思います。 柚香さんはメロンさんという大きな支援者がいらっしゃいましたから。

1人がナイス!しています

3

壮一帆さんが主演した別箱の『カナリア』では、水美舞斗さんが「ウカ」という壮さんの弟分的な役でセリフもふんだんにありました。一方で、柚香さんは単なる「小悪魔」。その他大勢の役でした。 この時点では、水美さんの方が期待度が上だったのではないでしょうか。 それが、この翌年から逆転していきます。 私は柚香さんを凄い努力家だと思っているんですけど、その努力が実を結び始めた結果なんだろうと思ってます。 (2012年の『復活』の新人公演では、かなり良くなってました)

3人がナイス!しています

7

実は花組って、あんまり興味ない時代あって カレーがあっという間に出世したのも 本当に気づかなかったんです。 むしろみりおトップ時代はキキの爆推しのイメージが勝手にあったんですが 冷静に考えたら、実はキキの裏に隠れて ずっとカレーの方が爆推しだったんだなぁ・・・と カリスタなんかをみて今更気づかされました。 柴田先生が昔、「お芝居の最後の方で主役以外で場面もらう奴は 将来のトップなんだよ」って言ってたのは このことだったのかなぁ。

7人がナイス!しています