ID非公開

2021/4/5 20:00

44回答

陸上短距離のウエイトについて

補足

ウエイトは失敗するとただの重りになりかねないと 聞きますが、成功させるためにはどうすればいいの でしょうか?どうすれば失敗してしまうのですか?

マラソン、陸上競技 | トレーニング34閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

日本チャンピオンクラスでも失敗している人はいっぱいいる。年齢にも夜から、20過ぎてればちょっととりいれてもいいだろうが。 。まず何のためにウェイトやるのか、という目的を明確にしないといかん。その目的にとってバーベルなりつかうことがベストなのか。 どんな負荷が必要か。そのためにどのような器具を使うか。 そのような動作でやるか。というふうに詰めないと、だめなんだな。 短距離だとスタートのとき下半身で地面押すんで、バーベルトレーニングなどやる場合があるが、それもよくやり方を考えないと失敗する。

0

必要な部位だけを狙う。 スクワットとデッドリフト、懸垂。ついでにベンチプレス、連動にハイクリーン、くらい。 スクワットとデッドリフト前半で、レッグプレスはやらなくてもカバーできてる。 邪魔なるような筋量なんて、つけれないから大丈夫。

ID非公開

質問者2021/4/5 20:41

ハイクリーンとハングクリーンは効果 違いますか? ハングクリーンしかやったことないのですが。

0

ウェイトはするから失敗する ほとんど走るのに必要な筋力は 走ることでしか付きません 速く走るってつけた筋力で もう少し早く走って、筋力が強化される そんな感じ ウエイトでつけた筋力では部分的にそこだけ強化されるだけで すべての部分が有機的に連結して働くには 筋力が偏りすぎているのです だから失敗する 走っている人はウェイトで失敗もしないが成功も大してしません