回答受付が終了しました

中学数学と高校数学の違いは何でしょうか? 私は中学時代は数学得意だったのに、高校に行ってから急に苦手になりました。

補足

数学が好きか嫌いかで言えば、どちらかと言えば嫌いです。なので、学校の授業以外の時間で数学の勉強をすることはほぼありません。 しかし、中学時代は100点とるのが普通で、偏差値は75とかでした。なので、数学的センスがあると思っていたのです。 ところが、普通の公立中学から、高校は有名進学校に入って、急に授業レベルが上がったこともありますが、突然数学ができなくなりました。 要は、中学数学のような、答えを出せばいい数学は、どんな難問でもほぼ解けたのに、高校数学の論証的なものになった途端、全くできなくなったのです。 これは数学的センスがあるのでしょうか。ないのでしょうか?

1人が共感しています

回答(8件)

3

数学というものは過去の学習の積み重ねが大きく影響する教科であるがゆえに、受験生が最も差をつけやすい教科となります。(英語も同じです) 質問者様はおそらく中学数学を算数のノリで解かれていたのではないかと推察します。(違ったらすみません) しかし中学数学で習う公式や定理などを論理的になんでそうなるのかを明確にしていなければ意味がありませんが、算数というのは教育目的が数に慣れさせ苦手意識を持たないように中学校に接続するのが目的ですので、論理的に考えることはあまりせずなんとなくで済ませてしまいます。 よって中学数学まではうまくいったのに高校数学ではうまくいないということが多発します。(逆のパターンの方ももちろんいらっしゃいます。その方は論理的に考えることに長けていて高校数学でその能力が花咲かれたのだと思います。) 克服の方法としては非常に時間がかかりますが一から数学を勉強しなおすのが最も良い方法です。非常に上から目線ではありますがほかの方々の方法では一時的のは効果があるものの将来的な効果は見込めません。しかも進学校に通われているとのことなので、猶更早く手を打つ必要があります。 私がおすすめする方法としては、誰かに協力してもらってその問題をその人に解説することです。あらかじめその友達には意地悪な質問をしてくれるようにお願いしておきます。(ここで選ぶ友達を間違えるとほんとに変な質問をしてくるので、賢い人に協力してもらうのが良いと思います。)そしてその友達の質問に的確に答えるようにする。ということを繰り返すと論理的な理解が身につくと思います。実際に私もやっていることですので是非!

3人がナイス!しています

0

多分、中学数学の理解が不十分だったんだろうね。 理解にはいろんな段階がある。

1

抽象数学の割合が高くなります 違う見方をすると,暗記だけでは通用しなくなります ただ解答を導くだけでなく, ・相手に理解してもらえるように解答する ・理解した上で応用できる と言った力が求められます

1人がナイス!しています

>補足 言ってみれば 小学校→算数90%数学10% 中学校→算数70%数学30% 高校→算数40%数学60% 大学(数学科)→20%数学80% という感じです(個人の印象です) ただ計算するだけのセンス(暗算など)と数学のセンスはまた別物です

0

僕の場合はほぼ逆で、中学時代は数学普通で、高校に行って急に数学だけ得意になりました。 中3の1月ごろ急に、数学に火が付いた気がします。それまでは、得意教科理科だったのですが。 僕の場合は、先生に影響を受けているような気がします。 あなたの何の能力が高くて、何の能力が低いのか知りたいようですが、その教科が好きかどうかが、あなたに影響を及ぼしていると思います。 自分に何の能力が高いのかわからないから学校へいくのだと思います。 じいの高校時代、たまたま現代国語の先生が3年間同じ先生でした。高3の2学期だったと思いますが、初めてその現代国語で平均点を取った時のその先生の言葉を覚えています。「お前も人並みになったね。」 じいの最高の後悔は、本を読まなっかったことです。

1

高校数学は、中学数学と違い、爆発的に多くの公式が出てきました。 それらの公式は多すぎて覚えきれません。 公式の覚え方を変える必要があります。 公式は、全て、導き出し方を覚えて、 公式が必要になった際に、その必要な公式を導き出して使えば良いです。 公式を毎回導き出して使えるならば、公式を全て覚えているのと同じ事になります。 以下のサイトのページの意見が参考になると思います。 https://schoolhmath.blogspot.com/2016/08/blog-post_31.html 「(数学の公式の覚え方の注意) 中学生のときは数学ができたのに、高校生になると数学ができなくなったと感じて数学をあきらめて脱落する学生が多いようです。そうなるのは、中学生のときから数学の公式の間違った覚え方を身につけ、それが現実の数学の公式群を覚えるのに通用しなくなるからだと考えます。 公式をごろ合わせで覚えるのは公式の間違った覚え方です。毎回式を展開して、必要な公式を導き出して使うのが、正しい公式の覚え方だと思います。 式を展開するだけでは、何も覚えていない様に見えますが、実はそうでは無く、式を展開する毎に、解に到達する式の展開手順を無意識に覚えているのです。そういうふうに公式を覚えるのが、 高校生になった後でも数学の学習から脱落しない公式の正しい覚え方だと思います。」

1人がナイス!しています