ID非公開

2021/4/5 3:48

44回答

シンエヴァにて ゲンドウがお前が選ばなかった云々と、旧劇エヴァとの繋がりを示唆する、発言をしてましたが、それを鑑みると、

アニメ91閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

1

考察ですが。 旧劇のルート1、シンジの気が変わり、サードインパクトは中途半端に終わる。エヴァ完結。 旧劇のルート2、シンジの気が変わらず、サードインパクト完了、その後世界が終わる、その記録を元にシナリオを書き直し、新劇の世界。 かなと思っています。

1人がナイス!しています

0

逆に考えるとわかると思いますが、エヴァ世界は終わらない円環と称されるくらい延々とループしているわけです。 しかしそれを全てのエヴァを消し、レイやアスカやカヲルに別れを告げ、「さようならエヴァンゲリオン」するとループが終わるわけです。 普通に考えるとエヴァを消してもアダムとかリリスとか残るじゃんとか、少しも疑問に感じませんでしたか? それはつまり、ループがエヴァやレイ・アスカ・カヲルにさよならしてほしくない存在が原因だからなんですよ。つまり我々観客です。 エヴァ世界の終わらない円環とはすなわち、この26年に渡りエヴァを延々と消費し続けているオタクの願望によるものなんです。 公式のゲームやスピンオフなどはもちろん、二次創作やオタクの脳内妄想も全部ひっくるめての終わらない円環なんです。 庵野(シンジ)はこの作品でキャラクターに人権を与えてオタクの手から離れるように仕向け、エヴァという世界、エヴァという作品をオタクから取り上げるために奔走するわけです。 エヴァのない世界ってのはつまりエヴァという作品ではないんです。 旧劇の世界がどうやって新劇の世界になったんだろう、という風に作品のストーリーで物事を考えてはいけません。 エヴァという世界を作っているのは庵野という神様です。 TV版、旧劇を作った神様庵野様がどうして新劇という世界を作ったんだろう、という風に考えなくてはならないんです。 その答えは25年経ってもエヴァにしがみ付いてるオタクに卒業を促すためなわけです。

1

多分その答えは誰も分からないよ 庵野自身、シンエヴァの脚本やってる訳だけど、周りのスタッフも展開理解してなかったからねw インタビューで自慢げに謎多き作品とか表現してたけどさ、謎って言う時点でそこは謎っていうのが正解なんだよきっと。 それがエヴァという作品のスタイル。

1人がナイス!しています