回答受付が終了しました

ID非公開

2021/4/5 14:05

88回答

卓球初心者です。

卓球43閲覧

回答(8件)

0

5打以上のラリーになるようにこころがけてください。 すると、五分五分の戦いができるとおもいます。 なぜかというと、ラリーになるということは、 あなたには、あいての球質がわかってきた証拠だからです。 そうなるような戦いかたをご紹介します。 ①スマッシュ、強打、ドライブは打たない。 ツブ高は技術で勝とうとおもうより、まず気持ちです。 序盤、これでミスをすると、自信をなくし、自滅します。 ②浮いてもいいので、ひたすら弱く、ちいさく台にいれるだけ。 ゆっくりでも、かくじつに球を台にいれましょう。 きょくたんなはなし、 背よりもたかいバウンドの球を、 あいてのバックにおくったほうが、勝機はありますよ。 初心者は、 得点源は強打することだとおもいがちです。 その得点源に、ミスがつづくと、苦手意識につながりますよ。

0

当方、ペン粒です。 サーブは基本はナックルのロングサーブをバックの深いところか、ミドル狙い。回転をかけたサーブや短いサーブはプッシュしたり回転を利用したりと粒高の大好物なので、試合中は牽制で数本出すくらいにしておきましょう。深いナックル系サーブを粒で強く返球するのは難しく、浮き球になりやすいので、その球を狙います。 レシーブは、粒高の初級基本戦術は下回転系サーブを相手にツッツキさせて、それをプッシュです。短く返球はNGで、出来るだけ深く返す事を意識して下さい。コースはやはりバックの深い所かミドル狙い、シェイクの粒ならフォア前も選択肢に入ります。それだけで粒高側はプッシュが難しくなります。 もしプッシュされた場合は少しだけ台から距離を取ってください。基本的にナックルなボールなので、空気抵抗で急激にスピードが落ち、ただの棒球になるので落ち着いて処理します。 ラリー中は繋ぐ球と強打のメリハリを付けます。粒高側が初級者の場合、むしろポンと軽く返球された方が対処に困ります。そして、こちらがチャンスにしっかりと攻撃できれば、攻撃が出来ない粒高の取れる選択肢はかなり限定されてしまうのです。全てドライブで返球してしまうと粒高は逆にやりやすく、攻撃側は苦しくなります。 コースはバックなら深い所と、フォア側です。ペン粒はフォアでの返球に慣れていない事が意外な程多く、シェイクでも粒の練習に時間を割いているので、やはりフォアが弱点になりがちです。試合序盤に狙ってみて、どの程度フォアが出来るか把握しましょう フォアに来た球や繋ぎ球を待たれて高確率で強打を決められる場合は、粒高では中級者以上となり、残念ながら初心者では難しいですね。 まとめます ①サーブはナックル系のロングサーブ ②レシーブはストップはNGで深さを意識 ③コースはバックの深い所、ミドルが基本。フォアが弱点の場合が多いので、試合序盤に狙ってみる ④ラリー中は返球にメリハリを付ける 以上です。 質問者様の健闘をお祈り致します。

0

ドライブとツッツキを交互に打つ。 サービスはナックル、下、上回転だけ。横のサービスは出さない。 ネット、エッジにイライラしない。 少し浮いた球でラリーをする 等です

0

初めまして!YouTubeで卓球系の動画を公開してる者です。 ご存知だと想いますが、 上回転のボールを送ると下回転で返って来て、 下回転のボールを送ると上回転で返って来て、返球ミスにより敗北するのが、やっかいな粒高との試合です。 対策としては、ナックルのボールを送ってナックルで返って来たボールを狙うことですね。 また、ラリーが続けば続くほど、自分が返球ミスする可能性が高まるのですから、早めに相手を倒さなければなりません。 ですから、3球目4球目までに倒す戦略で戦いましょう。 具体的手順としては 1、相手がネットミスするぐらいのナックルロングサーブをバックやミドルに出す。 2、返って来たボールは強打するのではなく、厳しいサイドコースに正確に返す。 3、相手のサーブも出来るだけ厳しいサイドコースに正確に返して4球目攻撃に繋げる。 です。 これは、赤面粒高の選手を相手にサーブとレシーブの練習をしている動画ですので、参考にしてみてください。 >>【期間限定作品】*対粒高サーブ&レシーブ* 沖縄*独創*卓球 https://www.youtube.com/watch?v=LOAYevxRN5U 卓球が出来て幸せですね♪ 頑張りましょう!