土地の売買についての質問です。 よろしくお願いします。(3つあります) ① 土地を売る場合、

土地 | 税金33閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。 参考にさせていただきます。 他の方もありがとうございました。

お礼日時:4/10 22:06

その他の回答(3件)

0

取得費は、被相続人が入手した時の価格です。 相続税とは別ものです。 相続税を払ったからといって、取得費は上昇しないです。相続税の分の損になりますね。 まあ、土地の価格は、話し合いで決めます。 収益価格から資本還元とか言いますが、周辺相場から決まることが多いです。 裁判所の競売事件などでは、資本還元価格と周辺取引価格と公示地価を、うんたらかんたらして決めます。 回答者もよく理解できない方法で決めています。 銀行との話し合いですね。 ファイナンス系で借りることもありますが、その場合、金利が上がります。 質問者様の所得が高くて、土地の担保価値が高ければ、融資条件は良くなりますね(低金利です)。

0

売値は売る人が自分の意志で決めます 買う人はそれを見て納得すれば買うし、しなければ買わない それだけのことです。 買う人が買うことが決まれば、どうやって買うかは買う人が考える

ご回答ありがとうございます。 説明不足でしたが、 個人が法人に売る場合(同族)、低廉譲渡に引っかかるのを避けるため50%以上の価格にしても、適正でないと判断される可能性があると知りました。 だいたい80%ほどと書かれたものを見たのですが、実際にはどこまでなら法的に許されるのでしょうか?

0

路線価というものがあり、それを基準にします。 路線価は評価額よりも高いです。

ご回答ありがとうございます。 路線価を基準にするということはその周辺というかその一帯が同じ基準になる感じですね。 一般的にはできるだけ高く売りたいとか相場で売りたいと言うのがあるかもしれませんが、身内に売る場合で、譲渡所得税の関係でそんなに高くなくてもいいという場合(取得価格より安いということはないですが)も、相場を基準にしないといけないのでしょうか? ①③もわかる範囲でお答えいただけると助かります。