今年はインフルエンザを余り聞かなかったですが、これはマスクの効果なのか? ワクチン接種をする人が減ったせいなのでしょうか?

インフルエンザ23閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

インフルエンザが流行しなかったのは そもそも インフルエンザの検査をしていないという点や PCR検査で様々なウイルスの遺伝子がコロナにすり替わったからです。 PCRは様々な遺伝子に反応するので 冬はインフルエンザをコピーして 夏はアデノウイルスなどをコピーするので 同じ感染症対策をしても それらだけが激減して、コロナと称するものだけが増加 PCR検査の嘘 厚労省記者会見室 コロナ記者会見 徳島大学 生物免疫学 大橋 眞 名誉教授 https://www.nicovideo.jp/watch/sm37425813 医療機関にも インフルエンザの検査をしないように指示が出て コロナだと補助金が出ます。 死亡率でも 冬はインフルエンザなので 一定数お年寄りがお亡くなりになりますが 夏は夏風邪なので死亡率が上がらず 季節で致死率が異なる【珍型メディアウイルス】の誕生です。 厚生労働省も 6月18日、各自治体に コロナ死亡者数の水増し、虚偽報告を指示を出しています。 https://www.youtube.com/watch?v=kBS1iinW0-o PCR検査を正しく使用している台湾では 2020年12月22日に 約8か月ぶりに1人の感染が確認しただけ (笑) https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201222/k10012778291000.html 何故?これだけ感染者数が違うのか? それはPCR検査のサイクル数(CT値)の違いです。 日本などの感染者が多い国では サイクル数が40~45ですが、台湾では36サイクルです。 感度で1000倍違います。 ようするに 感染者を増やすも減らすも PCR検査のさじ加減次第になります。 そもそも PCR検査が新型コロナウイルスを検出するという科学論文もありませんし 新型コロナウイルスが存在するという科学的論文も存在しません。 https://www.youtube.com/watch?v=YOPyrf576t4 新型コロナウイルスとは ワクチン接種を強行するために パンデミックを起こし PCR法を悪用したプロパガンダです。 PCR法発明者のキャリーマリスは 2019年夏に自宅で死亡しているのが見つかりました。 邪魔者は消されるのでしょうか・・? PCR+検査とコロナの真実 https://www.nicovideo.jp/watch/sm38293022

画像
0

2020年〜2021年のインフルエンザは世界的に流行しませんでした。 新型コロナウイルスの世界的流行で、マスク・手洗い・消毒液使用・距離確保・などの対策もあるでしょう。ワクチンも過去最大の量が市場に提供され、高齢者の優先接種によって、昨年11月には、ほとんど完売で在庫がなくなったところが多かったです。 何よりも、インフルエンザの流行を阻止したのは、新型コロナウイルスの対策で、各国が外国人の入国拒否と自国民の海外渡航中止勧告の実施をしたことです。 インフルエンザは冬に流行して夏には流行しません。世界中の鎖国政策がインフルエンザの流入を阻止した影響が大きかったわけです。 上がインフルエンザの流行 下が新型コロナウイルスの流行地帯で海外渡航中止勧告(レベル3)の地域

画像
0

はい。マスクの効果だと思います。 御参考頂ければ幸いです。