回答受付が終了しました

ID非公開

2021/4/6 23:06

55回答

ドラムの難しさを教えてください

1人が共感しています

回答(5件)

0

私は44歳で約20年ほどドラマーですが、高校生の頃はベースやギターなどもやったうえで、最終的にドラムに落ち着きました。 その経験から言わせていただくと、ドラムもギターもその他の楽器も、ある程度は反復練習が必要で、同じことを繰り返すことにはなるので、同じことを繰り返す(厳密には同じことばかりではありませんが)ことが楽しいと感じられなければ難しく感じてしまうと思います。 逆に反復練習が楽しいと思えれば、できなかったフレーズが叩けるようになったり、好きな曲を最後まで叩けるようになったりするとどんどん楽しくなってきて好きになり、あまり難しいと感じずに楽しめると思います。 ま、あまり深く考えずにとりあえずスティック買って、雑誌を2~3冊タオルでくるんでガムテープで巻いて、YouTubeを参考にそれを叩いてみましょう。「なんか楽しい・・・」と思えれば、向いているかもしれません(笑)。

0

そうですか… 叩けば音がでる。楽譜を見ても繰り返しばっかり。 ギターやキーボのように技術は難しくないかもしれませんね。私が22才になってはじめてもそこそこのプレイができたから簡単なんでしょうね。 そうですね、バンドメンバーとして、どんな曲でもやる。この曲やると言われたら翌週までにコピーして少しは練習していく。 ステージの時は楽器を車に積んで一生懸命運んで早くセットする。かたずけも同じ。 とは言え、アマチュアだって300円なりのチケット代をいただいて聞いてもらおうと思ったら、少しはできないと恥ずかしいじゃないでしょうか。 ドラムはそんなに簡単ではないですよ。バンドのスピードコントロールがきちんとできますか?がスタートです。メンバーに信頼されるためには練習を重ねるしかないです。

0

ドラムは簡単です。 が、極めるのはドラムに限らず全て難しいです。 簡単といった理由は、一番単純な楽器だからです。 まず叩けば必ず音が鳴るし、音が出ないことはほぼありません。 しかも電気は要りません。この音色を出すのにこのエフェクターが要るという事もないです。 けれども、始めるのは簡単でも、続けるには努力が必要です。これはどんな楽器でもそうですけど。 ~~ここからは余談~~ あと、良い演奏ということと鳴らすという事は別で考えてください。 どんな楽器でも練習して鳴らす事は出来ますが、良い演奏というと全く別次元です。 良い演奏とは「聴いていて心地よい音である事」が条件です。 それには、自分が鳴らしている音が、他の人が聴いて気持ちいいのかどうか、演奏するプレイヤー自身が判断し、心地よい音を目指す必要がありますし、そうやって自分の音を作り上げるんです。 がしかし、それが良いと思うかは聴く人の判断にゆだねられます。 だから楽器って奥が深いんですよ。

4

どんな楽器にしても演奏するのが簡単な曲から難曲まで色々ありますよね。ドラムだって単純なことを延々と繰り返す簡単な曲もあれば1小節分音を追うのだってタイヘンという曲もあります。また単にドンパン叩けばいいわけではなく、ドラムだって各音の繋がりを考えて音の大小、音色を適切にコントロールしなければなりません。 一生かかっても極めることはできないくらい奥深いというのはどんな楽器にも言えることです。

4人がナイス!しています