回答受付が終了しました

ダイソン羽のない扇風機が難しいです。

回答(6件)

0

解釈のしようによっては正解ですし、間違いでもある。 内部の構造は、他の方の言うシロッコファンではなく、円錐形に近い特殊な形状で渦巻き状のブレードが内側に配置されてます。 それを羽と呼ぶか否か。 また、「外観に羽がない」と取るか。 幼児にとって危険な羽が無いという事で十分だとも取れる。 そこまで厳密に考えないと駄目かね。

0

解釈の違いだけだと思いますよ。意匠的には羽根は全く見えないのですから別にかまわないと思いますし、本気で購入を検討されている人は既に皆さんファンが有るのをご存知ですから。

0

イギリス本国では HOT&COOL のテレビCMが 誤解を与えるので 放送中止です。 コードがあるが まるで コードレスのような まぎらわしい https://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/dyson-pure-hot-cool-fan-advert-ban-cordless-asa-a9007581.html A Dyson television advert has been banned for misleading customers into thinking a high-tech fan was cordless when in fact it required a plug. The spot promoting the Pure Hot + Cool Fan, which aired in April, showed the mains-operated device in a family’s open-plan flat. イギリスでは 羽根の無い とか宣伝しているのでしょうかね ハイテクフアン

0

扇風機を含む、いわゆる送風機に使われるファンには、主にプロペラファンとシロッコファンがあります。 一般的な羽タイプの扇風機は、プロペラファンに近い形をしています。 ダイソンのような扇風機は、シロッコファンが使われています。(画像参照) 送風効率だけを優先すると、プロペラファンが有利です。 ダクトなどを利用して決められた場所から送風するには、シロッコファンが有利です。 ダイソンはデザインを優先するために、シロッコフアンを採用したことになります。 シロッコファンのブレードを羽と言えるかは、考え方次第だと思います。 私の印象では、海外製品の宣伝文句は、大げさだったり誤解を招く言葉だったり、問題を起こすギリギリのところを狙っているように思えます。 売れるなら誤解を招こうが構わない、という人間性の汚さを感じます。

画像
0

別にどっちでもいいですね。 実際従来羽がある所には無い(うまく隠してる)わけだし。 どっちかというと、吸引力が落ちない、と言う表現のほうが、厳密には落ちにくいだけだし、そもそも吸引力自体強くないので微妙だと思います。 フィルタレスとか言いながら内部にフィルタある掃除機も腐るほど有りますし、厳密名表現にこだわる意味ってあんまりないと思います。