回答受付が終了しました

ID非公開

2021/4/7 21:43

99回答

作曲についてです。

作詞、作曲62閲覧

回答(9件)

0

メロディーだけじゃなく、和音についても自分の引出しの量でやる。仕方がないのです。 組立作業に対して実演するのは別のテーブルです。演奏です。ここで心が入ると作品が生きてきます。多分、これが引出しを増やします。

1

作曲者にとって違和感がないことが聴き手に違和感がないかはわからないよ。 プロにはプロデューサーという立場の人がいて判断をしているから聴き手が違和感を覚えるものは発売しない。でもアマにはプロデューサーなどいないから本人は平気でも聴いてる方は違和感だらけみたいなのがたくさんある。

1人がナイス!しています

2

メロディーは音楽の核である 聴いていて違和感がない 程度の出来ばえで 本当にOKなのか逆に聞きたい

2人がナイス!しています