ピアノが上手にならない…。私はノーミスで最後まで弾き切ることができないのですが、これは何故ですか?何が足りないのでしょうか…。

5人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(7件)

0

普段弾けているつもりでも、弾くだけでいっぱいいっぱいなので、わずかでも状況が変わったり緊張したりすると、たちまち余裕がなくなるので、ミスしたり止まったりするのです。 そうなるのは、今弾いている曲が実力より上だから。今の力が100くらいなら、70くらいの曲を選んで、余裕を持って弾けるようにならないと。

0

おそらく楽曲(運指)分析してないからでしょう。 ただ惰性で何度もインテンポで弾いてないですか? それじゃあ練習というより、膨大な時間をかけて同じ個所でミスすることを体に染み込ませてるだけだと思います。 ノーミスの人は完璧に弾けるテンポまで落として練習するのですよ。 それから徐々に上げていく。 チェックするには勿論録音する事ですが、そこには重大な危険が伴います。 それは強弱が無視されがち⦅ボリュームを調節するので)になるのです。 それ故、仮にノーミスで演奏出来たとしてもメリハリがなく、平板でつまらない代物(音楽)となってしまいがちなのです。 特に若い(最近の)ソリストの演奏を聴くと、録音しての練習がメインとなってるせいか、誰か巨匠の丸パクリか、指の妙技だけでただ速いだけの価値の低い音楽に終始してしまう音楽であったりと、本来あるべき芸術とは遠くかけ離れた無機質な存在かのように聴こえます。 そこそこノーミスで弾けるようになったらそこで終了ではなく、その曲の音楽を表現するうえで初めてスタートラインに立てたと自覚するべきだと思います。 曲の解釈は無限です。 その曲の作者と魂を同一と成るまで、その曲に関しての研鑽は続くのです。

2

私はピアノ30年やってますが同じですね。 練習してる時はスムーズなのに、録音し始めると途端にぎこちなくなってリズムがつまったり失敗する。 録音してると緊張したり、上手く弾こうとしてノリが悪くなるんですね。 なんせ練習の時は上手く弾こうとしてないから、スムーズに弾けるのです。 普段弾いてる時は、楽しむことに集中してるわけです。 ところが、人前で演奏したり、録音してると、上手く弾くことばかりに意識がいってしまい、楽しんでないからスムーズに弾けないだけでなく良い演奏ができないのです。 対策としては、緊張しててもノリがよければそれなりの良い演奏になりますから、ノリをよくするためにバンバンのリズム感を養う方法もあるかと。でもこの方法はビートが一定していないクラシックでは難しいかもしれませんね。 私は、あらかじめ決めた演奏をすると固くなるので、即興を主体にしてます。即興だと間違えてもその後適当に作ればよいし(笑)、また調子に乗ってしまうとスムーズになります。でも長時間の演奏だとミスしますが、以前よりはミスは減りましたね。この方法もクラシックには使えませんね。 私がよくやる方法は、録音しっぱなしで繰り返し演奏を続けるというやつです。そのうちノリがでてきてスムーズな演奏ができるようになります。それで後でよいところだけをカットします。

2人がナイス!しています

0

>これは何故ですか? ★通し練習の回数が多過ぎるのではないでしょうか? 通し練習は1日1回だけ、出来れば舞台衣装、靴も履いて、録音・録画して、間違っても決して止まらず、死ぬ気で弾いてみて下さい。聴衆が居た方が更によく、居なければ、犬(ペット)やぬいぐるみを聴衆に見立てるのも良いと思います。 私はピアノは弾かないのですが、ヴァイオリンの師匠に習った事です。師匠は録音・録画を嫌っていましたから付け加えてみました。