ほんの暇つぶしお遊びシリーズ Vol.2(兼アタマの体操w) .

画像
補足

ご覧くださいましてありがとうございます。またしても質問者自身の回答を入れておきますので、いい加減度の目安にでもしていただけますと幸甚です(笑) もしもどなたかのご回答候補を先取しておりましたらスミマセン! ①Run Through the Light(Yes スミマセン!w) http://y2u.be/Q4DzsyzrOls ②東京ららばい(中原理恵) http://y2u.be/wRjeioFyPxE ③As Tears Go By('87, Marianne Faithfull) http://y2u.be/Ptq9DxijB7Y ④なつかない猫(中島みゆき/秋元順子) 動画はありません ⑤I Will Always Love You(Whitney Houston) http://y2u.be/3JWTaaS7LdU Original by Dolly Parton as オマケ http://y2u.be/lKsQR72HY0s

洋楽 | 邦楽145閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1
画像

1人がナイス!しています

Genesis - The Lamb Lies Down On Broadway https://www.youtube.com/watch?v=JszTrQdL314 http://silversack.my.coocan.jp/rocks/thelambliesdownonbroadway-translation.htm Emerson Lake & Palmer - The Great Gates Of Kiev https://www.youtube.com/watch?v=SZK_fFtwKs0&t=80s http://silversack.my.coocan.jp/rocks/thegreatgateofkiev-translation.htm というわけでプログレにこだわりすぎて こじつけが1曲1曲の回答としてのキレと コクを損なってしまったかもしれないが…

画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

あと1日と少し残し乍らですが、例の如く勝手ながらこのへんで仕舞わせていただきます。ご回答/閲覧とも、ちょうど第一弾の約半数ほどに・・・ちょっと「○○○ポッター」みたい!(笑) 真面目な話、シリーズ化の難しさを思います・・・ BAは、アンサーじたいの質が高く、同時にプログレの魅力の啓蒙に着々と成功なさっている、もろい つぐひと様に謹呈いたします!他の5名様も、それぞれの個性に溢れてブラボーでした!

お礼日時:4/14 9:03

その他の回答(5件)

1

①フレンズ - 夜にダンス https://www.youtube.com/watch?v=P20NA5_nMfw ②DA PUMP - Rhapsody in Blue https://www.youtube.com/watch?v=vpH0UC8xfPM ③EARTH - time after time https://www.youtube.com/watch?v=_z3AOgCnB24 ④ムーンライダーズ - 羊のトライアングル https://www.youtube.com/watch?v=OwO5mtK9LoY ⑤森川美穂 - フリースタイル https://www.youtube.com/watch?v=1XEyuDTYUj0 気まぐれ、思いつき、根拠ナシ、で(またもや)。

1人がナイス!しています

こんにちは、いつもご回答ありがとうございます!本日は新旧J-Popまつりの様相・・・合わせ方がなんとなくカッコイイもの、直接的なもの、混交ですね!①フレンズは女性二人もいまどきの女子風で恵比寿駅のみならずwオフィス内も出てきたり、等身大。DA PUMPは、その頃を知らない者にはけっこうなカルチュアw・ショック、とくにISSAさんなどはちょっとしたアイドル顔負けのスペックだったんですね!③の「こんな風に過ぎて行く」ことをTime After Time とは!枯れた翻訳で痺れますが、曲自体はリズムが利いていて若者向けwですね。世代的にもいちばん嬉しかったムーンライダーズ、このメロとアレンジ・・・なんだか懐かしい!森川さんのFree Styleへの御礼には同名異曲シティポップ by EPOさんを返歌させてください:http://y2u.be/bDGaHG8fNJE

1

では、中森明菜シリーズで。 ① Back Door Night https://youtu.be/NMnKUNvbgcw ② La Boheme https://youtu.be/kudtdQmYO-k ③ 痛い恋をした https://youtu.be/gUkczElV6Z8 ④ 白い迷い(ラビリンス) https://youtu.be/wY3N9IaTZOU ⑤ La Liberte https://youtu.be/p01xdI1rHdI

1人がナイス!しています

こんばんは、いつもどうもありがとうございます! 明菜さん5曲揃えふたたび!今回もバリエーション多彩、まだ初々しい彼女から妖艶さを湛えた姿まで・・・偶然でしょうが個人的には横文字系がとくに気に入りました。②の♪La Boheme、イイですねぇ、海外のライブステージにもかかわらず、といっていいのか普段のイメージ以上に伸びやかでディーバ的というのかカリスマティックに感じます。①のBack Night Door は作為的にか少し怖いような?wエキセントリックな雰囲気すらありますね。⑤のLa Liberte が、個人の感想ながら、いちばんTVで観た覚えのあるイメージでしょうか、実は元歌との関連がわからない歌もあるのですがそちらはおいおい・・・

1

こんにちは! 今回は早いです。 ①ちあきなおみ - 夜へ急ぐ人 https://youtu.be/WZ-5o2Woms0 ②クリストファー・クロス - ニューヨーク・シティ・セレナーデ https://youtu.be/ahFVODDcUTM ③沢田研二 - 時の過ぎゆくままに https://youtu.be/1Qi7c-pcq-A ④井上陽水 - とまどうペリカン https://youtu.be/hu8kTob_tXo ⑤Bruno Mars - Just The Way You Are https://youtu.be/LjhCEhWiKXk

1人がナイス!しています

こんにちは、いつもご回答ありがとうございます!アンリ様、ここのところ冴えに冴えまくり、冴えすぎでは?大好物の♪『夜へ急ぐ人』でもうノックアウト状態、やっと王道の正統派に巡り逢えたw感のある②、このくらいの時間に聴くとまた”乙”ですね、もしも夏だったら屋上ビアガーデンのこと考えてしまうと思います(笑) ③も上品な返しで安心感が違いますが、個人的にもっとも気に入りました④!、鳥獣wで返すのはもちろん定石通りでしょうが、「迷える~」に対し「とまどう~」という状況対比、これは文句なく上級者の貫禄が!⑤のブルーノさんは楽曲はもちろんのことMVがイイですねぇ!!若い日に初めて『テイク・オン・ミー』を観たときの感動に匹敵します。もとはちょっとしたアイデアかもしれないのに、結果としての表現は斯くも芸術的に・・・感動の一言です!

1

( ・ ω ・ )ゞ ①夜歩く(筋肉少女帯) https://youtu.be/w-yUv3Wf7fw ②受験生ブルース(高石友也) https://youtu.be/bOg0yTaFUT4 ③どうぞこのまま(丸山圭子) https://youtu.be/FS521HcVK04 ④Wild Horses(The Rolling Stones) https://youtu.be/Xb3fZmkzy84 ⑤We're Gonna Have a Real Good Time Together(Patti Smith) https://youtu.be/6aPBiNMf9ZU

1人がナイス!しています

こんにちは、いつもご回答ありがとうございます!こちらもまた、硬軟ない交ぜの燻し銀のご回答クオリティは、先着のみかんjam様と甲乙つけがたい!翻訳のなさり方を拝察するほどにまた深いですね・・・①は「歩く」とは名ばかり、熱量とキャロリーw消費量ともに、スプリントかマラソンに匹敵するのでは?大槻さん、ひと頃はTVでもよく拝見してましたがご近況はどんなふうでしょうか?②のお題は超名曲なのに、返し歌たるや、我ながら『東京ららばい』クラスでも如何なものか・・・なのになんと受験生Bとは!一見地味そうですが実は③のご翻訳が無性に好きです(笑)、国語の試験問題にできそう!迷い羊にストーンズの「野生馬」は余裕の安パイ路線、⑤はこれまた皆考えることが似通っててなぜか笑いが・・・つい「未来形」みたいな発想になっちゃいますよね?wそれにしてもパティさん、「女性として且つロッカーであること」の稀有な体現者ですね。

1

1-そして僕は君の元へ Bryan Adams 「Run To You」 https://www.youtube.com/watch?v=nCBASt507WA 2-僕らは「気ままに」(*当時の邦題) The Jam 「Away From The Numbers」 https://www.youtube.com/watch?v=Gm4l3dPFFBk 3-ただひっそりと佇んで眺めていた・・・ Jimmy Cliff 「Sitting In Limbo」 https://www.youtube.com/watch?v=9r1Dwa3bou0 4-周りに人(オトナ)はイッツパイいるのに・・・ The Clash 「Lost In Supermarket」 https://www.youtube.com/watch?v=hZw23sWlyG0 5-でもいつかアナタは私の元へ・・・ たけし&ひろき 「I’ll Be Back Again」 https://www.youtube.com/watch?v=FyLeQp8Y_Tw 最後は懐かしのにしてみました!(^_-)-☆ 5とは随分雰囲気が違いますが・・・ まぁ~時代的には同じですネ

画像

1人がナイス!しています

こんにちは、いつもどうもありがとうございます!いつもお題のアーティスティックで奇特なw翻訳、有難くまた愉しませていただいてます。①はブライアンの初期作品でしたよね?ロック小僧的に颯爽と登場した当時もカッコよかったですが、個人的には’10年冬季の本拠地でのオリンピックでの姿も渋くてシビれました!そしてお家芸?の②は”精神のボヘミアン”ですよね?、③はタイトルから想像するより静かでむしろ涅槃?的な感触さえ・・・、④が実はご翻訳ぶり・楽曲ともにサイコーでした!クラッシュは殆ど聴いたことがないですが、こんなポップな楽曲もあるんですね!⑤の落とし込み方wだけがご愛敬といいますか・・・たけし・松方両氏ともに若く、ステージセット、オーディエンスのギャルwたち、それら全てが醸す雰囲気が往時の薫りプンプンで!(笑) 硬軟自在のお見事なご回答、恐れ入ります!