ID非公開

2021/4/8 17:07

2020回答

仏教は、こんなに派閥があってもよいのでしょうか。 仏教は、釈尊が説いた一つの教えのはずです。

宗教 | 一般教養163閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

たいへん多くの方の、貴重なご意見をいただき、 誠にありがとうございました。 今後の研究の糧とさせていただきます。

お礼日時:4/15 21:51

その他の回答(19件)

1

むしろそれが自然なのでは…キリスト教はもちろん、あの厳格でややこしそうなイスラムですらあれだけ分裂してんだから。 それが人間の歴史や営みだと思うし、どの宗教でも、原理主義は数千年前の社会の有り様をそのまま現代に通用させようと過激に主張するマイナスな存在にしか見えませんが。 釈迦は今を見て、ただ弟子たちを信用して見守るだけだと思いますよ…よくある、親が二十年、三十年前の感覚で今を生きる子供にやかましく関与し、子供の人生をズタズタに引き裂くような馬鹿な真似はしないと思う。

1人がナイス!しています

1

別に、皆さん仲良くやっているから良いじゃないですか。 イスラム教徒は宗派対立で殺し合いしています。 キリスト教もプロテスタントとカトリックの対立がイギリスで又始まりました。

1人がナイス!しています

0

釈尊の教化の仕方は対機説法、つまり、相手、時、所に応じて法を説かれていたのです。 根本教説の四法印、つまり、諸行無常・諸法無我・一切皆苦・涅槃寂静が説かれていればいいのです。

0

成仏の方法については経典によって多少の違いがあります。浄土宗は「南無阿弥陀仏」と唱えるだけで死んだら成仏して極楽浄土に行けるそうです。真言宗は煩悩を消すために厳しい修行を課しています。何度も生まれ変わって菩薩行を繰り返すことで成仏できると説いているのは日蓮宗です。経典による違いの理由はインドが厳しいカースト制度(身分制度)によって身分が固定化され、決して身分の変更が認められていなかった為に釈迦は奴隷階級や一般階級、支配者階級など相手の身分に合わせてその人にできる方法を説いたので成仏の方法にも違いが出たのです。これがどの経典を用いるかによって宗派が別れることになった理由です。

1

仏教に限らない話ですね。私はシク教の聖者が言った「なぜ地上には様々な宗教があるかって、そりゃあ地上とはそういうところだからだ。海があり山があり谷があり平野がある。寒いところも熱いところもある。白い人がいれば黒い人もいる。地上とは様々な様相を呈するところだ。地上に一つの宗教しかなかったら、それは地上ではなくもはや『天』だ。」という言葉に納得しています。

1人がナイス!しています