ID非公開

2021/4/8 22:18

55回答

中学の母です。どなたかこの問題がわかる方が居ましたら教えて下さい。よろしくお願い致します。

画像

中学数学125閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0
画像

ID非公開

質問者

2021/4/9 23:35

とてもわかりやすく子供にも教えてあげることができました。 どうもありがとうございました!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

図解まで書いて頂いてとてもわかりやすかったです。ありがとうございました

お礼日時:4/9 23:36

その他の回答(4件)

0

1番 半径10 cm の1/4円が二つと半径20cmの1/4円がふたつなので 半径10 cm の1/2円と半径20 cm の1/2円の弧の合計を計算する。 10✕2✕3.14✕1/2+20✕2✕3.14✕1/2 =10✕3.14+20✕3.14 =30✕3.14 =94.2(cm) 2番 半径10 cm の1/4円が二つと半径20cmの1/4円がふたつの合計。 ただし半径20cmの1/4円が一辺10cmの正方形の部分で重なっているので、後でこの部分を引く。 10✕10✕3.14✕1/2+20✕20✕3.14✕1/2 -10✕10 =50✕3.14+ 200✕3.14-100 =250✕3.14-100 =685(cm²)

0

左上と右下が半径10、90°のおうぎ形 右上4マスと左下4マスが半径20、90°のおうぎ形 (1) (2×10×3.14×1/4)×2+(2×20×3.14×1/4)×2 =2×3.14×1/4×2×(10+20) =3.14×30 =94.2 (2) 半径20のおうぎ形は正方形1マス分重なっています。 (10×10×3.14×1/4)×2+(20×20×3.14×1/4)×2-10×10 =3.14×1/4×2×(100+400)-100 =3.14×250-100 =785-100 =685

0

それぞれの部分は、円を1/4にしたときの弧長になっています。 なので周を分解して計算します。 20×3.14×(1/4)+40×3.14×(1/4)+20×3.14×(1/4)+40×3.14×(1/4) =3.14×(1/4)×(20+40+20+40) =3.14×(1/4)×120 =3.14×30 =94.2 面積の場合、 半径10cmの四分円×2+半径20cmの四分円×2 -重なった10cm×10cmの正方形 と考えられるので、 10²×3.14×(1/4)×2+20²×3.14×(1/4)×2-10×10 =3.14×(1/4)×(10²+20²)-10² =3.14×(1/4)×500-100 =100×(3.14×(5/4)-1) =100×(3.925-1) =100×2.925 =292.5 答:①94.2cm ②292.5cm²

2

「クァンダ」という神アプリを使ってください。

2人がナイス!しています