宗教の自由って認めないといけないことなんですか? 明治時代~戦時中までも自由で創価や幸福の科学みたいなのあったんですか?

宗教 | 日本史165閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:4/9 23:53

その他の回答(14件)

1

おお!またまたまた消されたw よっぽど事実で都合悪い話なんだね。 下の信者さんが「信教の自由」云々言ってますが、騙されてはいけません。 幸福の科学は退会するときには支部長面談に合格せねばならず、さらに誓約書(退会届兼)を書かされます。 入会時には退会は自由とかいいながら、支部長の許可がないと退会できません。 支部長が面談で不合格とすれば退会できないのが幸福の科学です。 「信教の自由」。お笑いです。自分たちのしていることが全く客観視できない連中の集まりが幸福の科学です。 彼が言う「信教の自由」とは「幸福の科学入信の自由」と「幸福の科学退会の不自由」です。

1人がナイス!しています

1

信教の自由など認める必要はありません。 すべての宗教は禁止し、信者は死刑にすべきです。 ただし、歴史上宗教と言うものがあり、今も世界にあり、 だから宗教についての「知識」は歴史や世界の文化の理解のために不可欠であるから 宗教を社会学の一分野として研究することは学問研究の自由である。 しかし、そうなると創価学会なんかは「ウチは宗教研究団体だ」と言うのでしょうね。

1人がナイス!しています

0

たくさんありましたよ。 むしろ今より多いくらいで百花繚乱です。 それは昔の書物とかを読んでいてもよく見て取れます。霊感商法にハマる被害者とか創価学会みたいのより、幸福の科学系的なイタコ系とか霊的なカルトは今より特に多かったですね。創価学会みたいな外国勢力、支那や中国に乗ったられたカルト宗教って言うのは少なかったかも… こういうカルトって後進国の現れですから昔の方が多いのは当然です。 人間は古くなると昔は無かったのになぁと言いますが、昔からあったんですよ。 よくイジメや虐待事件が起こると昔は無かったのになぁという人が多くいますけど、昔の年端の行かない子供の丁稚奉公、子供の人身売買なんて日常茶飯事でむしろ普通の光景。 日本は新たなカルトはネット社会になってから少なくなりましたけど昔からあるカルトは依然としてあってカルト法案がある欧米なんかと比べると遅れていますね だから創価学会みたいのがのさばっていて数にモノを言わせて政権与党にまでなっている。前代未聞ですよ、コレは…

0

宗教は自由です。ただ宗教でも思想信条の部分は自由でも、宗教的な行動には制限がかけられる場合がありますよ。 新興宗教とは、江戸末期以降に誕生した宗教を差すますよ。創価学会は戦前から活動していましたね。 そもそも、政府が宗教をコントロールすることは簡単では無いですからね。規制しても地下に潜んで活動を続けることも普通にありますよ。 隠れキリシタンや一向一揆なんて言葉もありますからね

0

>今の日本でマスコミなどが宗教を揶揄したりしているのは、バックボーンに共産主義があるからです。宗教を滅ぼして共産主義の国を作りたいとマスコミや日教組などは思っております。そういう思想に洗脳されないように気を付けていただきたいなと思います。 同感。

>下の信者さんが「信教の自由」云々言ってますが、騙されてはいけません。 幸福の科学は退会するときには支部長面談に合格し、さらに誓約書を書かされます。 入会時には退会は自由とかいいながら、支部長の許可がないと退会できません。 支部長が面談で不合格とすれば退会できないのが幸福の科学です。 「信教の自由」。お笑いです。自分たちのしていることが全く客観視できない連中の集まりが幸福の科学です。 彼が言う「信教の自由」とは「幸福の科学入信の自由」と「幸福の科学退会の不自由」です。 編集あり、はies